カテゴリー別アーカイブ: 4 サッカー&英語

スクリーンショット 2017-02-12 14.36.43

【動画】今後はスポーツ国際機関で働きたい!フットチャット Vol9 FIFAマスター 辻翔子さん

フットチャット Vol9を更新しました!

今週のテーマは「FIFAマスターについて」

FIFAマスターに在籍している、日本人女性にロンドンにてインタビューを行いました。

FIFAマスターとは、スポーツに関する組織論、歴史、哲学、法律についてを学ぶ国際修士です。

約10ヶ月間に、イギリス、イタリア、スイスにある3つの大学を巡りながら勉学に勤しみます。

昨年には、元日本代表でキャプテンを務めた宮本氏が修了し、日本のスポーツ界でも広く認知されています。今年は、元マンチェスターユナイテッドの朴智星氏も受講しています。

プロフィール:辻 翔子さん

早稲田大学スポーツ科学部卒業後、レアル・マドリード大学院でスポーツジャーナリズムを学ぶ。

マドリードのスポーツ新聞社Diario ASでのインターンシップを経て、バルセロナのコーディネート会社に就職。

2016年9月にFIFAマスターに入学

2016年の年末、ロンドン滞在中に、FOOTCHATのインタビューに答えてくれました。

FIFAマスター
留学
スポーツ国際機関
FIFA #国際スポーツ組織

フットチャットとは?

QPRレディースに所属するマリコと本サイト編集長の竹山トモが、ロンドンからプレミアリーグの情報などをお送りしております。

イギリスでのサッカー留学は、ロンドン拠点をするFOOTBALLATUKまでお問い合わせくださいませ!!

責任者 竹山

otoiawase_13

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【イギリスコーチ長期留学】 8ヶ月目 『ロンドンで通う語学学校で英語を伸ばすには?』

こんにちは。イギリスサッカー留学中の西井隆人です。

今回は、僕がロンドンにて通う語学学校についてお話しをお届けします。

テーマは 『ロンドンで通う語学学校で英語力を伸ばすには?』

1)ロンドンの語学学校

logo_lg

通っているのは、ロンドンのホルボーン駅(中心)にあるEnglish Studioという学校でした。

※学校によって、クラスによって個人差はあると思うのでご了承ください。

□クラス分けはどんな風にやってる?

月に1度テストがあり、「Listening」「Writing」「Grammar, Vocabulary, Reading」3部門で8割以上のスコアをとると先生からの推薦状が貰えて、レベルアップが可能。

□授業内容はどんなもの?

レベルが高くなるにつれ会話が多い授業になり、最初の数ヶ月は文法など、書く内容が多かったです。

今のクラスでは、あるテーマについてディスカッションをすることが多く、今週は「art」についてでした。アートと縁がない僕は会話が続かず、なかなか厳しい時間でした。

16681904_10212124507898429_2810212642935300846_n学校で使っているテキストです

□授業時間は?選べる?
午前8:45~12:00か、午後12:05~15:15のどちらかを選べます。
途中15分の休憩があります。

□どんな先生が担当するの?

S__8421388

先生は1クラスに2人の先生が担当して、休憩を境に先生が交代します。

先生もみんなネイティブというわけではなく多国籍です。授業中ギターを弾き出す先生もいれば、ジョーク連発のような先生もいました。

とくに男性の先生は個性豊かな人がそろっているような気がします。

□日本人率はどれくらい?

S__8421387

日本人の割合は、1クラス15〜20人に約2人程度が平均。日本の夏休みの期間など時期によっては、最大3〜5人ほどクラスに日本人がいることもありました。

□外国人の国籍は?
イタリア、スペイン、トルコ、ブラジルの割合が高いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2)語学学校で英語力を伸ばすには?

□とにかく話す!話す!話す!

留学は初めてという方が、まず困ることは会話が成立しないという不安。

まだまだ僕自身も、英語の伸ばし方を模索している最中ですが、まずは英語で自分から話しかけ英語に触れる機会を増やすことが大切だと思います。

例えば、
「Where are you from? どこ出身?」
「What do you do? 仕事は何してるの?」
「What did you do yesterday? 昨日は何した?」
など本当に簡単な英語で大丈夫です。

同じ内容でも構わないので自分から話すことが大切だと思います。そうしているうちに、文法のパターンみたいなのが分かっていき、

次は動詞を変えて、

「What did you eat yesterday? 昨日は何食べた?」や
「Where did you go yesterday? 昨日はどこ行った?」
など会話の幅を少しずつ広がります。

□自分から話す。友達もできる。もっと英語に触れる。

ホストファミリー、学校の友達、先生は僕たちが上手く話せないことが分かっています。なので、ゆっくり話を聞いてくれますし、理解しようとしてくれ、アドバイスももらえます。

語学学校の友達は、そこまで英語も高いレベルではないので、会話を始める相手としてはぴったり。臆することなく会話にチャレンジしてみましょう。

□レストランやお店などで会話に挑戦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外に出てレストランや電車などを積極的に活用しましょう! 一般の人は、こちらの英語レベルに合わせて話してはくれません。

しかし,お店などでも話す内容にパターンや順序が必ずあります。

例えば、カフェでは、

僕:「Can I have a latte? ラテをください」と聞く

店員:「Which size? サイズは?」

        「Do you take away or eat in?持ち帰るか,店で飲むか」聞かれます。

このようにだいたいパターンが決まっており、最初は聞き取れなくても、何が聞かれるかわかっていれば、はっきり聞き取れるようになっていきます。そしてちょっと自信になります。

□Vocabularyをもっと増やしたい! 

現在、苦戦しているのがVocabularyを増やすこと。
単語はなかなか覚えることができません。伝えたいことが伝えきれない、相手の言っていることが分からない時はすごく辛いです。

img-20161216-wa0002

単語帳や英語の本で覚えようとしましたが、楽しくないので毎日続けることができませんでした。しかしながら、毎日続けないと力もつきません。

そこで新年から、毎日行き帰りの電車の中で無料の新聞を読んでいます。スポーツ欄の1コラムと勝負です。朝刊と夕刊で計2コラムを毎日続けています。イギリスでは駅に土日以外無料で朝刊夕刊が置いてあります。

自分の興味のあることなので気になり読むのも苦痛ではありません。コラムも短いものが多いので読み切ることができます。 自分にフィットするかどうか。大事です!

□日本のことを伝えれるようになりたい!

16831939_10212124596180636_195550132165909194_n

語学学校を通う中で感じたことは、日本のことをしっかりと説明できないがたくさんありました。同じクラスの外国の人は、つたない英語ながら自国についての自分の意見を話すことができます。

例えば、
「スカイツリーは何のために建てられたのか」
「アベノミクスについてどう思うか」など聞かれたときにそもそも聞いたことはあるけど、日本語でも話にならないことが多いです。

せっかく日本に興味を持ってくれているのに、伝えることのできない情けなさ、英語とともに自国についてもう少し知る必要もあると感じさせられました。

話すテーマによって話にまったくついていけない場面、とっさに言葉が出ないときがあるなど、課題は山ほどありますが、少しずつでも改善できるよう試行錯誤していきたいと思います。残り2ヶ月です!

様々な国籍の人と接し、異文化を知ること、そして自国を知ることの大切さを学べることができる場所と仲間が語学学校にはありました。

西井隆人

otoiawase_13

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-20-12-08-55

【動画】イングランドサッカー情報番組 『フットチャット』始めました!

動画チャンネル「フットチャット」を発足!

「フットチャット」は、ロンドンからプレミアリーグのあらゆるサッカー情報を発信していく動画チャンネルです。

英語と日本語で週末にヨーロッパで行われる注目のゲームを一試合ピックアップ!

その他にも、
ヨーロッパの育成事情、
現役、引退サッカー選手をゲストに呼ぶ会や、
ヨーロッパでのメディア事情などを不定期で更新予定!

記念すべき第一回は今夜日本時間23時にキックオフするレスターFC対バーンリーFC戦の見どころそ中心にレスターFCの今後のマッチスケジュール、注目選手、岡崎の動向などなどを配信!

是非ご覧ください!

【パーソナリティ プロフィール】
マリコ エンゲルス
女子サッカー選手(QPR レディース所属)
ロンドン在住 ドイツ人とフィリピン人のハーフで日本育ち
英語、ドイツ語、日本語、タガログ語を操ります。

タケヤマ トモハル
ロンドンの日系サッカーチームのサッカーコーチ。
ロンドン在住7年目。
イタリア、メキシコ、東京、ロンドンで20代を過ごす。

EU離脱

英国のEU離脱とその影響は??イギリスサッカー留学を申し込むなら今?

イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票が6月23日に行われ、結果はEU離脱派が残留派を上回り、イギリスのEU離脱が決まりました。

3.8%の僅差で離脱が決定となりました。

スクリーンショット 2016-06-24 14.38.23
リンク http://www.bbc.co.uk/news/politics/eu_referendum/results

イギリスへサッカー留学する場合、今回の選挙の結果は何かメリット・デメリットはありますか?

留学生にとって影響が一番大きいのは為替レートの変動。

今回のEU離脱の影響で、今日のポンド1円の為替レート(TTS)が一時、135円まで下がりました!現在は142.95円まで回復しています。それでは、昨年のレートに比べてみましょう。

2015年7月                               レート: 197円
2016年6月24日        最安レート:135円

約60円の差はかなり大きいです。
それでは、実際の留学費用で考えてみます。

IMG_1261

ートの差で実際どの程度違いが出ますか?

弊社はポンド建てのInvoice(ご請求書)を発行しております。

例えば、6ヶ月のコーチ留学(FAライセンスコース受講料、ホームステイ 朝・夕 2食付、語学学校(16歳以上)、空港出迎え費、サポート費などを含めた料金)の£9,000払う必要があるとします。

その場合に実際に日本円でお支払いされる金額には大きな違いがでます。
—–
昨年7月のレートの場合
費用 1,773,000円

本日の最安レートの場合
費用1,215,000円
—-
なんと約56万円の差!
簡単に飛行機代+保険の費用+スタジアム観戦数試合が可能になるほどの差額です。

夏休み前にギリギリで留学のお申込みを考えている方はもちろん、来年以降の留学でも留学する事が決定している人は、今からお申込みと入金を完了させる事を強くお勧め致します!

DSC00908

EU離脱、果たしてその影響は?

Football@UKを運営している弊社JAPAN AT UK LIMITED(事業名が留学@UK)の会長・浅井將雄と社長・中村岳の2人がインタビューを受けた記事がyahooニュース、読売新聞に取り上げられています。

今後の英国の動きや、それに関する影響に関して興味のある方は是非読んでください。

「離脱なら大英帝国分裂、EU縮小のドミノ倒しが始まる」和製ソロスが大胆予言(上)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20160622-00059137/

どうなる日本企業~英国のEU離脱問題は人ごとではない

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160620-OYT8T50140.html

============================================

イギリスサッカー留学 無料留学説明会を行います。

■詳細

日時:
8月18日 (木) 東京
8月19日 (金)  東京
先着数名のみの対応可能となります。

希望時間をお知らせください。
参加費: 無料

お申込み方法

Football@UKお問い合わせ メールアドレス ttakeyama@japanatuk.com まで、件名を「イギリスサッカー留学説明会参加希望」とご記載頂いた上で、下記の必要事項をご記入頂きお申込みください。

【氏名】

【性別】

【年齢】

【住所】

【お電話番号】

【参加ご希望場所と時間】

【留学時期・内容】

【サッカー経験】

【その他ご質問/ご要望】

※各地とも、申込先着順で定員になり次第締め切らせて頂きます。

otoiawase_13

 

 

DSC01495

【イギリス短期留学】 「もう一度、本気でサッカーをしてみたかった」PART2

厚木ナオヤさん(21歳)は、大学4年になる前の春休みを利用して約1ヶ月間、ロンドンに海外サッカー留学(選手プログラム)にやってきました。

4週間と短い期間ですが、サッカーを通じたロンドンでの留学生活でどんなものであったのでしょうか?

留学生活は、午前中は語学学校に通い、午後はロンドン北部のセミプロクラブのユースチームとトップチームの練習に参加。

インタビュー前半では、ロンドンでの生活(語学学校、ホームステイ、不安に思っていた部分)について語ってもらいました。

Part1はこちらから

「 将来プロになって成功しようという思いはありませんでしたが、怪我をして離れていたサッカーをもう一度本気でやってみたかった気持ちはありました。」とインタビューで語ってくれた彼ですが、1ヶ月のサッカー留学でどのような経験をしたかを綴りました。       

□天然芝での試合は、取り替え式を持参します!

DSC01492

F@UK:日本では大学のサッカー部(東海1部リーグ)に所属していたそうですが、日本とイギリスのサッカー環境の違いはどんなところでしたか? 

練習する環境に関しては、ロンドンの北部にあるThe Hiveというプロクラブも使用する練習施設で、人工芝でのトレーニングを行いました。人工芝なので日本と変わらず、特に難しくなく良い環境でプレーできていたと思います。

ただし水曜日に試合が組まれていたのですが、天然芝で試合があったときは、やりづらいなと感じることが多々ありました。そんなにピッチは整っていないし、芝生の下の土は粘度質なので、濡れているとターンやストップの時にすべります。

天然芝でプレーするときは断然取り替え式の方がいいと思います。固定式だと土がくっ付いて、下駄のようになりますね。

DSC01444練習上に併設されているスタジアムはバーネットFCが利用している。パブが併設されており、素晴らしい環境。


■プレーしたクラブのレベルのどうだったか?

DSC01466

F@UK:プレーしたクラブのウィールドストーン(トップチームはイギリス6部に所属)のレベルは、どうだったでしょうか?

ユースチームのレベルはそこまでは高くはないと感じました。日本の大学生や高校生の方が繊細なボールタッチや、技術的には高いのではないかと思います。

しかし、留学前に聞いていましたが、対人でボールを奪いあう場面であったり、ルーズボールの競り合いに関しては、本当に強いなという印象を受けました。彼らはコンタクトにひるむ事なく挑んできます。とにかくアグレッシブです。これぞフットボールと痛感しました。

また、トップチームの練習(ウィールドストーン)にも参加したのですが、トップの選手たちは技術もスピードもひと味違いました。練習では、通用する部分も多くあったので自信にはなりました。でもコンタクトに負けない強さや局面を打開する力などは、自分にはまだまだ足りない部分でした。

日本では見つけることはできない経験ではあっと思います。激しいプレスのなかで、どれだけ技術を発揮できるかが本当に大事ではないでしょうか。

□イギリス留学中の練習量は足りていた?

DSC01487

F@UK:火曜日トレーニング、水曜にゲームをして、金曜日にトレーニング、(トップチームは木曜練習)、そして土曜日はフットサルの練習という練習量でしたが、スケジュールはいかがだったでしょうか?

量的な部分は、シーズン中のトレーニングということもあり、そんなにキツイと感じるトレーニングはあまり無かったです。1ヶ月間、ほぼ毎日ボールに触れることができる環境にはあったので、楽しかったですね。物足りないという感じもなく、かといって練習をやりすぎてキツイということにはなりませんでした。

DSC01495コーチ陣のアレックス氏達との写真。ユニフォームは借りました

F@UK:肝心の試合に出場できるかどうかは大きな経験でしたね。

ある程度の実力を備えていれば、ユースチームの試合であれば出場可能になると思います。ただ、日本でやる試合とはまた違う雰囲気になるので、その違いも楽しめたらいいのではないかと思います。

例えば、ミスした選手に対して、アンラッキー!と声をかけて励ますので、ミスを恐れずにプレーできる状況が生まれていました。そして恐れずにプレーをやり続けるので、ボールタッチはミスしているのに、ミスじゃなくなるシーンをたくさん見ましたね。

球際の激しさが、一番の驚きでした。相手とボールの間に自分の体を入れたら必ず取れるという感覚でプレーしていましたが、体をいれきった後もそこから激しくコンタクトにくるので、取ったと思っても、また奪い返されるシーンがありました。もしかしたら、日本での試合はぬるい部分があるのかなと思いました。

■日本でも就職後にサッカーできる道を探します!

DSC01496

F@UK:日本に帰ってきたら、大学4年生になり、就職活動をすると聞きましたが、サッカーは続けますか?

日本では怪我を何度もしてしまいサッカーとは離れてしまっていましたが、就職後はサッカーをプレーして続けていこうと思い始めました。イギリスに来て学んだコンタクトの激しさ、奪い合いでのしつこさなど、本気でやるからこそ学んだことは帰国後もこだわってやっていきたいです。

 F@UK:ありがとうございました。日本での活躍、願っております。

日本に戻る2日前、ロンドンで1番おいしいピザ屋さんでいろいろと語ってくれたナオヤさん。ピザなら五枚食べれますと、1枚半でギブアップした熱くて面白いナイスガイでした!  

インタビュア−:竹山トモハル

本マガジンFootball@UKは、イギリスサッカー留学(選手、コーチ資格、語学留学、大学進学)の現地サポートをロンドンより行っています

詳しい留学日程や予算などは、下記リンク↓をクリック!

player_13

下記リンク↓よりお問い合わせくださいませ!

otoiawase_13