タグ別アーカイブ: 試合

【イギリス女子大学生留学コラム】ベルギーへ代表戦を観に行ってきました!

こんにちは。
サウサンプトン大学でサッカー学を学んでいる、もねです。

昨年11月14日、ベルギーのブルージュでサッカーベルギー代表対日本代表の親善試合が行われました!

今回はサウサンプトンからベルギーまでの移動と、代表戦の感想をレポートしたいと思います!

まず、家のあるサウサンプトンからロンドンまで高速バスで移動し、地下鉄でロンドンにあるユーロスターの駅へ向かいました。

そう、今回は飛行機ではなく高速電車での移動です!

London St. Pancras International駅はたくさんお店があったり、
時期的に大きなクリスマスツリーが立っていたりと賑やかな雰囲気でした!

London St. Pancras

イギリスからヨーロッパへ

さて、いよいよチェックイン!

ユーロスターは出発の駅で出国と入国の審査をどちらも行うということが驚きでした。

空港と同じような荷物検査をして出国ゲートを通ったら、すぐに入国ゲートがあります。

飛行機と同じようにスタンプを押してもらいましたが、
電車での移動なのでスタンプにも汽車のマークが入っていてかわいいです。

汽車のマーク!!

車内は至って普通。
クラスを上げればロマンスカー的な雰囲気が味わえるのかも(?)

そこから2時間!
ドーバー海峡を越えるときを楽しみにしていましたが、トンネルが多くてどれが本番なのかわからず気づいたらもう大陸を渡っていました。笑

ベルギーのブリュッセル南駅(Bruxelles-Midi)に到着して、(入国はロンドンで済んでいるので)そのまま電車を乗り換えてブルージュへ向かいます。

電車で1時間ほど移動してブルージュ(Brugge)に到着し、バスでホテル付近まで行きました。

荷物を置いてすぐスタジアムへ出発!!

スタジアム行きのバスの中から日本サポーターとベルギーサポーターのチャント合戦があって賑やかでした。

バス揺れていました。天井とか窓とか叩かないで!!笑

ネットがあって少々見えづらかったです…。

Jan Breydel Stadiumの席から見えたピッチです!
ここの席だけネットが張られていて少し見えづらかったのが残念です。

そして、試合開始!

日本代表、チャンスはあってゴールに近いところまでいけるときもあったのですが、なかなか決め切れません。

そうこうしているうちに後半、プレミアリーグのマンチェスターユナイテッドでプレーするルカクにゴールを許します。

日本は次々に攻撃的な選手を交代で送り込みましたが、そのまま試合は終了。

0−1で敗戦。悔しい結果になってしまいました…。泣

でも久しぶりに見た日本代表戦。
しかも日本国外で見たのは初めてだったので新鮮でした。楽しかったです!

帰り道に苦労。。。
試合が始まったのは20時45分。当然ながら終了は22時半ごろ。

公共交通機関の運行時間が終了していました…。

グーグルマップを頼りにホテルまで45分くらいかけて歩いて戻りました。笑

観戦中は寒かったのでコートとマフラー、その下にユ○クロの薄いダウンを着ていたのが仇となり、ホテルに着いた頃には汗だく。

しかもホテルまで5分という所で携帯の充電が切れて迷子になりながら歩いたので冷や汗もかいてました。笑

でも本当に、「北のベネチア」の異名を持つブルージュの街!!
ベネチアのように同じような街並みが続くので本当に迷いました。笑

同じような街並み

綺麗なところもありましたヨ。励みになりました。笑

きれいなライトアップ!

次の日はブルージュとブリュッセルを観光して、来た道を戻ってサウサンプトンに帰りました。

早くから予定を立てていたのでバス、ユーロスター、ホテル代込みで£125ほど。

日本円にすると2万円しないくらいで旅費を抑えられました。
感激!

弾丸の旅で帰った後はすぐバタンしてしまいましたが、意外に短時間で色々見ることができたので良かったです!
サッカーは負けて悔しかったですがまた近くでやるときには見に行きたいと思いますし、またユーロスターの旅もしたいと思います。

もね

 

その他のイギリスコーチング留学や選手留学の日記はこちら!

1【イギリス短期留学】大学生が選ぶロンドンですべきこと10選

2【イギリスコーチ長期留学】 1ヶ月目 「プレミア優勝後のレスター岡崎選手と対話!」

3【イギリス短期留学】大学3年生イギリス1ヶ月短期選手留学:「もう一度、本気でサッカーをしてみたかった」PART1

4【イギリス短期留学】高校生が海外イギリスサッカー選手留学3週間で感じた差とは?

5【イギリス短期留学】日本の高校生がイギリス留学5週間で指導者資格を取得するまで

■FOOTBALL@UKではイギリスサッカー海外留学についての無料LINEカウンセリングを行っております。

Football@UKお問い合わせ先

メールアドレス  ttakeyama@japanatuk.com まで、
件名を「イギリスサッカー留学無料LINE相談希望」とご記載頂いた上で、下記の必要事項をご記入頂きお申込みください。

【氏名】
【性別】
【年齢】
【住所】
【お電話番号】
【留学時期・内容】
【サッカー経験】
【その他ご質問/ご要望】

  
otoiawase_13

 

【イギリス短期留学】 「もう一度、本気でサッカーをしてみたかった」PART2

厚木ナオヤさん(21歳)は、大学4年になる前の春休みを利用して約1ヶ月間、ロンドンに海外サッカー留学(選手プログラム)にやってきました。

4週間と短い期間ですが、サッカーを通じたロンドンでの留学生活でどんなものであったのでしょうか?

留学生活は、午前中は語学学校に通い、午後はロンドン北部のセミプロクラブのユースチームとトップチームの練習に参加。

インタビュー前半では、ロンドンでの生活(語学学校、ホームステイ、不安に思っていた部分)について語ってもらいました。

Part1はこちらから

「 将来プロになって成功しようという思いはありませんでしたが、怪我をして離れていたサッカーをもう一度本気でやってみたかった気持ちはありました。」とインタビューで語ってくれた彼ですが、1ヶ月のサッカー留学でどのような経験をしたかを綴りました。       

□天然芝での試合は、取り替え式を持参します!

DSC01492

F@UK:日本では大学のサッカー部(東海1部リーグ)に所属していたそうですが、日本とイギリスのサッカー環境の違いはどんなところでしたか? 

練習する環境に関しては、ロンドンの北部にあるThe Hiveというプロクラブも使用する練習施設で、人工芝でのトレーニングを行いました。人工芝なので日本と変わらず、特に難しくなく良い環境でプレーできていたと思います。

ただし水曜日に試合が組まれていたのですが、天然芝で試合があったときは、やりづらいなと感じることが多々ありました。そんなにピッチは整っていないし、芝生の下の土は粘度質なので、濡れているとターンやストップの時にすべります。

天然芝でプレーするときは断然取り替え式の方がいいと思います。固定式だと土がくっ付いて、下駄のようになりますね。

DSC01444練習上に併設されているスタジアムはバーネットFCが利用している。パブが併設されており、素晴らしい環境。


■プレーしたクラブのレベルのどうだったか?

DSC01466

F@UK:プレーしたクラブのウィールドストーン(トップチームはイギリス6部に所属)のレベルは、どうだったでしょうか?

ユースチームのレベルはそこまでは高くはないと感じました。日本の大学生や高校生の方が繊細なボールタッチや、技術的には高いのではないかと思います。

しかし、留学前に聞いていましたが、対人でボールを奪いあう場面であったり、ルーズボールの競り合いに関しては、本当に強いなという印象を受けました。彼らはコンタクトにひるむ事なく挑んできます。とにかくアグレッシブです。これぞフットボールと痛感しました。

また、トップチームの練習(ウィールドストーン)にも参加したのですが、トップの選手たちは技術もスピードもひと味違いました。練習では、通用する部分も多くあったので自信にはなりました。でもコンタクトに負けない強さや局面を打開する力などは、自分にはまだまだ足りない部分でした。

日本では見つけることはできない経験ではあっと思います。激しいプレスのなかで、どれだけ技術を発揮できるかが本当に大事ではないでしょうか。

□イギリス留学中の練習量は足りていた?

DSC01487

F@UK:火曜日トレーニング、水曜にゲームをして、金曜日にトレーニング、(トップチームは木曜練習)、そして土曜日はフットサルの練習という練習量でしたが、スケジュールはいかがだったでしょうか?

量的な部分は、シーズン中のトレーニングということもあり、そんなにキツイと感じるトレーニングはあまり無かったです。1ヶ月間、ほぼ毎日ボールに触れることができる環境にはあったので、楽しかったですね。物足りないという感じもなく、かといって練習をやりすぎてキツイということにはなりませんでした。

DSC01495コーチ陣のアレックス氏達との写真。ユニフォームは借りました

F@UK:肝心の試合に出場できるかどうかは大きな経験でしたね。

ある程度の実力を備えていれば、ユースチームの試合であれば出場可能になると思います。ただ、日本でやる試合とはまた違う雰囲気になるので、その違いも楽しめたらいいのではないかと思います。

例えば、ミスした選手に対して、アンラッキー!と声をかけて励ますので、ミスを恐れずにプレーできる状況が生まれていました。そして恐れずにプレーをやり続けるので、ボールタッチはミスしているのに、ミスじゃなくなるシーンをたくさん見ましたね。

球際の激しさが、一番の驚きでした。相手とボールの間に自分の体を入れたら必ず取れるという感覚でプレーしていましたが、体をいれきった後もそこから激しくコンタクトにくるので、取ったと思っても、また奪い返されるシーンがありました。もしかしたら、日本での試合はぬるい部分があるのかなと思いました。

■日本でも就職後にサッカーできる道を探します!

DSC01496

F@UK:日本に帰ってきたら、大学4年生になり、就職活動をすると聞きましたが、サッカーは続けますか?

日本では怪我を何度もしてしまいサッカーとは離れてしまっていましたが、就職後はサッカーをプレーして続けていこうと思い始めました。イギリスに来て学んだコンタクトの激しさ、奪い合いでのしつこさなど、本気でやるからこそ学んだことは帰国後もこだわってやっていきたいです。

 F@UK:ありがとうございました。日本での活躍、願っております。

日本に戻る2日前、ロンドンで1番おいしいピザ屋さんでいろいろと語ってくれたナオヤさん。ピザなら五枚食べれますと、1枚半でギブアップした熱くて面白いナイスガイでした!  

インタビュア−:竹山トモハル

本マガジンFootball@UKは、イギリスサッカー留学(選手、コーチ資格、語学留学、大学進学)の現地サポートをロンドンより行っています

詳しい留学日程や予算などは、下記リンク↓をクリック!

player_13

下記リンク↓よりお問い合わせくださいませ!

otoiawase_13