カテゴリー別アーカイブ: 1 サッカー&留学(コーチ)

【留学生紹介】自分を育ててくれたチームを育てたい!地元で活躍する24歳

前回に引き続き、コーチインタビューです。
11カ月のコースで留学に来ているコーチを取材しました。


まず初めに自己紹介をお願いします。

松山 合璃(まつやま あいり)、1999年生まれの24歳です。
小学1年生からサッカー高校卒業まで約12年間サッカーを続けていました。
大学に入って毎日サッカーをする生活からは離れたんですが、自分が小学校の頃に通ってたチームの練習に遊びに行くようになりました。
最初は子どもたちと一緒にサッカーをして遊んでいたんですが、何回か通っているうちにチーム側からコーチをやってみないかと声を掛けてもらえて、大学に通いながらコーチのアルバイトを始めました。

なぜ留学に来ようと思いましたか?

大学卒業手前に就職について同級生と同様に考えていたんですが、どんな仕事に就きたいか考えたときに当時やっていたアルバイトの経験からこれからもコーチの道を進みたいと思ってまずは資格の取得を考えました。
ヨーロッパUEFAライセンスを取得すると現地ではもちろん、日本でも通用すると知り、より多くの経験を積むためにヨーロッパへの留学を選びました。

なぜロンドンを選びましたか?

まずコーチ留学に興味を持って、ヨーロッパ各国調べていて、英語が学べる環境のイギリス・イングランドを選びました。

来る前に不安だったことはありますか?

英語力が不安でした。
今まで留学経験はなく、独学で英語は学びました。
海外旅行のときと同様、自分の想像通りリスニングは問題ないですが、スピーキングが難しくて、思ったままのことをそのまま伝えることが難しいです。
イギリス英語は綺麗な発音と聞きますが自分にとってはアクセントが難しいです。

ロンドン生活で思っていたより大変なことはありますか?

特にないです。地元を離れてひとりで生活することも問題ないですし、思っていたよりみんな日本人に優しくて、食生活面も毎日お米食べられているの負担は少ないですね。

ロンドンのここが好き!

サッカーが文化として根強いなと感じます。
試合の日以外もユニフォームを着たサポーターを街で見かけることは珍しくないです。
プレミアリーグは僕も好きですが、街のいたるところにパブがあってサッカーを話題にその場に居合わせた人と盛り上がれるのは楽しいです。
ロンドンだけでも6チームもあるので、いろんなチームの試合を観にいきやすいのはいいところだと思います。

ロンドンに来て嬉しかったことを教えてください。

日本と違う環境・英語を使ってコーチングできる環境に来られたことが嬉しいです。
留学先のアカデミーでは、海外でサッカーを仕事にしている方々の貴重な経験を直接伺うことができますし、現地のセミナーで受けた指導方法を共有してくれたりします。
自分より年下のコーチが率先して主体的に練習を行っているのも刺激的です。

コーチ・仲間の雰囲気を教えてください。

みんな和気あいあいと楽しく、でもやるところはしっかりやってますね。
一緒にコーチングしているコーチはイングリッシュなので必然的に英語でコミュニケーションしなくてはならない環境が有難いです。
自分より経験があるコーチは積極的によくアドバイスしてくれます。
自分がいたチームではあまりなかったことなので新鮮で刺激を受けますね。

よかったらどんな夢や目標があるのか教えてもらえますか?

一番は元々コーチをしていた地元のチームに戻ってコーチを続けたいです。
留学が終わったら日本に戻ってコーチの勉強を続けて、そしていつかまたロンドンに戻ってきたいと思っています。
まずはイギリスで学んだことを活かして日本の子どもたちにサッカーを教えられたらいいなと思っています。

留学を検討している人へメッセージがあればお願いします。

お金の不安を抱えてる人が多いのかなと思うんですが、
長期的に計画してみると少し来やすくなるのかなと思います。
自分も1年かけて貯金して渡英したので少し長期的に考えると少し楽になるのかなと思います。


コーチたちの和気あいあいとした雰囲気のなかにある真剣さを私も肌で感じています!
合璃さん、取材のご協力ありがとうございました。

【留学生紹介】趣味は試合分析!分析官を目指すLiverpoolサポーター

久しぶりのコーチインタビューです!

今回はコーチ留学で11カ月ロンドンに滞在予定のコーチに取材させていただきました!

——————————————————————————–

まず初めに自己紹介をお願いします。

國枝 奎太(くにえだ けいた)、2003年生まれ20歳です。
23年の8月に渡英して現在留学5ヶ月目になりました。
小学校1年生から高校3年までサッカーをプレーしてました。
ポジションはDFでした。
高校に入ってからプレーヤーだけではなく試合の分析に興味を持ち始めて独学で勉強を始めました。
高校三年生の頃に周りの同級生と同様に志望校を絞り、大学の受験勉強に励んでいたんですが、やはりサッカーに携われる道に進みたいと思い、
大学受験は一旦保留にして、サッカー本場の国へ留学することを決めました。

なぜ留学の道を選んだんですか?

日本でも十分勉強できるとは思ったんですが、海外・ヨーロッパのほうがサッカー先進国ですし、サッカーについて多くのことを学べると思ったので留学したいなと思いました。

なぜイングランド・ロンドンを選びましたか?

まずもともとイングランドのプレミアリーグが好きで僕はリバプールサポーターだからです。
ドイツやスペインも調べていて迷ったんですが、イングランドのUEFAライセンスを取得すれば、将来イングランドでサッカーに携われる可能性もあるのでまず資格の取得を目指してロンドンを選びました。

なぜFootball@UKへの留学を選びましたか?

イングランドへの留学を調べた際に、最初にこのホームページに辿り着いて、僕の好きな吉田選手・冨安選手・南野選手が載ってたのでもうここにしようと思いました(笑)
もちろん他の留学先も調べましたが、英語に不安があったので日系のチームだと少し安心かなと思いましたし、受け入れ先のフットボールサムライのコーチ・アカデミーのチームをSNS等で調べてみて、ここで学んでみたいと思いました。

逆に来る前に不安だったことはありますか?

一番不安だったのはお金です。
アルバイトして生活費を貯めて来たのですが、ロンドンは日本と比べて物価は高いですし、生活できるか不安でした。

自炊で節約したりして、住んでみたらなんとかなりました(笑)

日本で準備しておけばよかったということはありますか?

ある程度英語を喋れるようになっておくことは必要だったと思います。
あとは、とにかく日本と比べて寒いので防寒着を揃えておくべきでした。
僕は厚手の上着を持って来なかったことを後悔しています。
僕のように夏に渡英してくるとしても冬の防寒着は忘れないでください(笑)

ロンドン生活で思っていたより大変なことはありますか?

現在フラットに住んでいるんですが、シャワー・キッチンはフラットメイトと共有なので使いたいときに誰か使っていたら使えないというのが慣れないです。日本とは違う文化ですよね。それ以外は特にありません。

ロンドンのここが好き!

プレミアが大好きなのでロンドンに住めていることが自体が嬉しいです。
あとは、ロンドンが舞台のハリーポッターも好きなので、映画そのもののような街並みが綺麗で好きです。
古き良き街並みを守っているというか、歩いているだけで楽しいですね。
街を歩くと服装や趣向が自由な人が多いなと思いますし、犬もリードなしで公園を走り回ってて日本に比べて自由で、閉鎖的ではないなと感じます。
練習中に知らない人が声を掛けてくれたり、パブで横になった人とサッカーの話が気軽にできたり日常にサッカーが染みついてると感じられるところも好きですね。

コーチ・仲間の雰囲気を教えてください。

めちゃくちゃ明るいです!!
経験豊富だったり、年上のコーチでもみんな僕と対等に接してくれます。
コーチ全員が同じ目線でチームを良くしようとしてると感じます。

ロンドンに来て嬉しかったことを教えてください。

プレミアリーグの試合観戦を現地観戦できたことです。
ウエストハムの本拠地、ロンドンスタジアムでvsアーセナルの試合を観戦しました。
テレビで見ていたままのスタジアムで、でも現地で味わう熱気は想像をはるかに超えてました。
日本のスタジアムとも違う雰囲気で、隣の人と抱き合って喜んだり興奮しっぱなしでした。本当に楽しかったです。

Football@UKを選んでよかったと思うことを教えてください。

まず、吉田麻也選手に会えたことです。
先日、コーチとアカデミーの子どもたちへ会いに練習場に訪問してくれたのですが、吉田選手に憧れてDFを目指したのでお会いできて直接お話できて本当に来てよかったと思いました。
そして、サッカーの仕事をしている人に会えて直接話してもらえること。
僕は分析が好きなので、実際に分析官の方とお話する機会があったことは幸運でした。
日本いただけでは得られなかった人脈に恵まれて学ばせてもらっています。

よかったらどんな夢や目標があるのか教えてもらえますか?

この留学が終わったあとは、一度日本に戻って再度イギリスに戻ってきたいと考えています。
コーチを目指すのか、分析官を目指すのかまだ迷っていますが、先日分析官の方に「コーチになるとしても必ず分析力は必要」と話していただいたのでまずは分析力を高めてコーチとして自分の能力を高めていきたいですね。
そのためには日本で経験を積むことも必要だと思っていますが、最終目標としていつかイギリスで分析官ができたらいいなと思っています。

留学を検討している人へメッセージがあればお願いします。

いろいろな理由で迷っていると思います。
金銭的な問題であったり、慣れない環境に対しての不安があったり…。
英語は、僕は学生の頃は英語の成績は悪かったし、嫌いだったけど来てみたら意外とどうにかなります!
まずは思い切って行ってみる!
着いたらとにかくいろんな人と関わって話してみる!
カフェで注文してみる、とかそんな小さいことからでもいいから話してみると
少しずつ英語で話すことはできます。
思いっきって来てみたら想像以上に大きなものが得られると思います。
思い切って飛び込んでみてください!


奎太さん、取材のご協力ありがとうございました!

筆者もロンドンで初めてコーヒーを頼んだときのことを思い出しました。

とりあえず飛び込んでみる勇気って大事ですよね。

【留学生紹介】大学卒業後にコーチ留学をする留学生

 

お待たせしました。

新しい留学生の紹介です。今回の方はコーチングライセンス取得を目的とした留学生の紹介です!

ぜひご覧ください。

 

まず初めに自己絵紹介をお願いします。

こんにちは!

ロンドンで留学をしている23歳、朝井大凱です。

大学卒業後サッカーと英語の勉強をしたく、Short-Term Study Visaを使ってイギリスに来ました。

なぜ留学をしにきましたか?

サッカーと英語の勉強をしに来ました。自分自身、海外への留学には元々興味があり、イギリスはサッカーの本場でもあり、英語も勉強できると思いロンドンに来ようと決めました。

あなたの1日のスケジュールを教えてください。

午前中は語学学校に行き、英会話のような授業を受けます。家に帰りお昼ご飯を食べたら、夕方からサムライアカデミーのコーチングにいきます。夜は自分のサッカーの練習や、試合があればチームに参加し、練習がなければ友達とパブに行ってビールを飲みながら試合を見ます。

ロンドンに来て良かったと思うことを教えてください。

サッカーを中心に生活が出来ている事です。日本では1日の中で自然とサッカーに触れる回数は少なかったと思いますが、イギリスでは公園に行けば綺麗なグラウンドでサッカーができ、パブに行けば試合が見れます。サッカーに触れない日はないくらい毎日充実しています。

ロンドンのおすすめスポットを教えてください。

サッカーが見れるパブです。知らない人と仲良くなれたり、一緒に盛り上がったりできます。100%会話が通じる訳ではありませんが、サッカーを通してコミュニケーションを取ることができ、自分自身英語を話すいい機会になっていると感じています。また、日本ではあまり体感できない雰囲気を味わえてとても楽しいです。

これからくる留学生に何か言うとしたらなんですか?

最初は不安も多いと思いますが、イギリスは人の温かさもあり困ったことがあれば助けてくれる人が多いです。自分は語学力で不安を持っていましたが、少しずつ会話に慣れてきたと感じています。伝えようとする努力と積極的に話そうとする姿勢を持って頑張って下さい!

最後に留学を勧めるか否か。

少しでも興味があれば来て損はないと思います!私はイギリスに来てから半年が経ちますが、いまだに後悔を感じる事はありません。是非多くの人に興味を持ってもらいたいです。

 

【留学生紹介】高校卒業後に渡英した19歳の選手留学

今回は弊社を利用してくださってるロンドンサムライローバーズの日本人選手に取材しました。

彼の留学についてたくさん質問しましたので、ぜひご覧ください!

 

経歴を含めた自己紹介してください。

榎本海斗です。千葉県出身19歳です。夢は世界で活躍するプロサッカー選手を目指して、サッカーをしています。

高校の時は、市立船橋高校でサッカーをしていましたが、試合には出れずBチームの方で活動してました。その悔しさもあり、必ずプロになってやろうと思い、海外に挑戦することを決めました。そして今イングランドのサッカーチームで活動をしています。

イングランドでサッカーをしていてどう感じていますか?

日本との違いとしては、サッカーとフットボールって感じです笑

イングランドでは球際、体の強さがあり、サッカーが上手いだけではやっていけないと思いました。これがフットボールだなって感じです。

 

今のサッカーチーム(サムライ)でプレーしていてどう感じていますか。

日本人の外国人の両方の良さを出せているチームだなって思います。最初チームに入った時は余裕で通用するなって思ってたんですけど、フィジカル面やスピード感の違いを感じました。なので、予測や準備でフィジカル面をカバーしたりと工夫するようにしました。まだもっと頑張らないといけないですね()

留学してきてよかったと思うところを教えてください。

サッカー面では相手の体に慣れてきて、球際をしっかり戦えるようになったことですかね。これからも海外でサッカーを続けていきたいので、第一のステップをいい感じで踏めた気がします()

生活面でのよかったところも教えてください。

違う世界が見れるところですかね()

こっち住んでる人たちの人目を気にしない性格やみんなが自立性があるところが結構好きで、いいと思います。あと、こっちの人はオシャレでカッコいいです()

 

ロンドンであなたのお気に入りの場所を教えてください。

前回紹介されてた季陽くんの働いているOle&Steenというカフェがお気に入りです。店内の雰囲気がオシャレで、コーヒーも美味しいからです。

海外だと、コーヒー飲む人が多いと思ったので、高校の時は全く飲めなかったんですが、留学前にコーヒーを飲みまくって、コーヒー好きになりました()

 

英語について何かありますか。

英語経験0からのスタートだったんですが、ホストファミリーや語学学校の友達、先生と話すことで英語が少しずつ成長できるて思います。でも、英語を思った以上に話せなくてもノリでなんとかなるって感じですね()

 

最後にイギリス留学を勧めますか?

勧めます。

自分は見えてる世界が変わって、物事に対していろんな考え方をできるようになって柔軟な自分になることができ、自信がつきました。

異国の文化に触れられて、日本ではない経験ができます。

そんなに自分の英語は完璧じゃないんですが、英語圏の世界に1人で出かけたりすることで、人としての自立もできて、メンタル面での成長も大きいと思います。

榎本海斗くんありがとうございました!

【サムライコーチ企画】日本とイギリスのハーフのコーチによるサムライ体験記

今回は、Football Samurai AcademyでU17のコーチとして活躍している、ジョーコーチにインタビューを行いました。
ジョーコーチは、大学に通いながらサムライでコーチとして主にU17を担当しています。これから留学を希望する方々は、ジョーコーチの経験談をぜひ参考にしてみてください。

・大学では主にどんなことを勉強していますか。
スポーツ科学と数学を勉強しています。

・これまでのコーチング経験について教えてください。
17歳の時にFA Level 1 取って4年間のコーチング経験があります。練習メニューを考える事や選手に教える事が出来たら良いコーチになれると思ってましたが、全然違いました。選手が落ち込んでる時や試合が熱くなる時の反応の難しさを感じています。

・これまでのサムライの経験について教えてください。
最初は他のコーチのサポートをして色々な学年を手伝いながらFA Level 1の資格をとりました。その次の年からU8の監督をやりました。大学に行ってる間は残念ながらサムライに行けなくなりましたが、今年はコロナの影響でロンドンに戻ってU17の監督が出来ています。弟がU10(今U17)の時からサムライにいたので7年間くらいこのチームを見続けてるので監督をさせてもらえて感謝しています。

・サムライでは主にどんなことをしていますか。
U17と大人のリザーブチームのコーチをしています。トップチームも選手として参加しています!

・サムライで感じた壁はありますか。
小学生くらいの日本人とローカルの子を上手く混ぜて教えることが非常に難しいと感じています。

・U17の監督としての一日のスケジュール
金曜日は朝の8時から夕方の4時まで大学のインターンの仕事をし、その後夕方5時からU17の練習のコーチをしています。

・休日はどのように過ごしていますか。
休日もサムライの活動をしています。土曜日にトップチームの試合に行って日曜日にはU17の試合の監督をやってます。

・留学に悩んでいる皆さんへ
日本と全然違うサッカー文化を経験して、日本や他国にその経験やイギリスでできた繋がりをもって行けたら為になると思います。あとはホームグラウンド (North Acton Playing Fields) で試合をする時の一体感がサムライではすごく良いと思います。コーチや選手達が、試合の前後で、他の学年の試合を応援しているのを見ると自分はとても嬉しいです。

ジョーコーチ、ありがとうございました!