【留学生紹介】趣味は試合分析!分析官を目指すLiverpoolサポーター

久しぶりのコーチインタビューです!

今回はコーチ留学で11カ月ロンドンに滞在予定のコーチに取材させていただきました!

——————————————————————————–

まず初めに自己紹介をお願いします。

國枝 奎太(くにえだ けいた)、2003年生まれ20歳です。
23年の8月に渡英して現在留学5ヶ月目になりました。
小学校1年生から高校3年までサッカーをプレーしてました。
ポジションはDFでした。
高校に入ってからプレーヤーだけではなく試合の分析に興味を持ち始めて独学で勉強を始めました。
高校三年生の頃に周りの同級生と同様に志望校を絞り、大学の受験勉強に励んでいたんですが、やはりサッカーに携われる道に進みたいと思い、
大学受験は一旦保留にして、サッカー本場の国へ留学することを決めました。

なぜ留学の道を選んだんですか?

日本でも十分勉強できるとは思ったんですが、海外・ヨーロッパのほうがサッカー先進国ですし、サッカーについて多くのことを学べると思ったので留学したいなと思いました。

なぜイングランド・ロンドンを選びましたか?

まずもともとイングランドのプレミアリーグが好きで僕はリバプールサポーターだからです。
ドイツやスペインも調べていて迷ったんですが、イングランドのUEFAライセンスを取得すれば、将来イングランドでサッカーに携われる可能性もあるのでまず資格の取得を目指してロンドンを選びました。

なぜFootball@UKへの留学を選びましたか?

イングランドへの留学を調べた際に、最初にこのホームページに辿り着いて、僕の好きな吉田選手・冨安選手・南野選手が載ってたのでもうここにしようと思いました(笑)
もちろん他の留学先も調べましたが、英語に不安があったので日系のチームだと少し安心かなと思いましたし、受け入れ先のフットボールサムライのコーチ・アカデミーのチームをSNS等で調べてみて、ここで学んでみたいと思いました。

逆に来る前に不安だったことはありますか?

一番不安だったのはお金です。
アルバイトして生活費を貯めて来たのですが、ロンドンは日本と比べて物価は高いですし、生活できるか不安でした。

自炊で節約したりして、住んでみたらなんとかなりました(笑)

日本で準備しておけばよかったということはありますか?

ある程度英語を喋れるようになっておくことは必要だったと思います。
あとは、とにかく日本と比べて寒いので防寒着を揃えておくべきでした。
僕は厚手の上着を持って来なかったことを後悔しています。
僕のように夏に渡英してくるとしても冬の防寒着は忘れないでください(笑)

ロンドン生活で思っていたより大変なことはありますか?

現在フラットに住んでいるんですが、シャワー・キッチンはフラットメイトと共有なので使いたいときに誰か使っていたら使えないというのが慣れないです。日本とは違う文化ですよね。それ以外は特にありません。

ロンドンのここが好き!

プレミアが大好きなのでロンドンに住めていることが自体が嬉しいです。
あとは、ロンドンが舞台のハリーポッターも好きなので、映画そのもののような街並みが綺麗で好きです。
古き良き街並みを守っているというか、歩いているだけで楽しいですね。
街を歩くと服装や趣向が自由な人が多いなと思いますし、犬もリードなしで公園を走り回ってて日本に比べて自由で、閉鎖的ではないなと感じます。
練習中に知らない人が声を掛けてくれたり、パブで横になった人とサッカーの話が気軽にできたり日常にサッカーが染みついてると感じられるところも好きですね。

コーチ・仲間の雰囲気を教えてください。

めちゃくちゃ明るいです!!
経験豊富だったり、年上のコーチでもみんな僕と対等に接してくれます。
コーチ全員が同じ目線でチームを良くしようとしてると感じます。

ロンドンに来て嬉しかったことを教えてください。

プレミアリーグの試合観戦を現地観戦できたことです。
ウエストハムの本拠地、ロンドンスタジアムでvsアーセナルの試合を観戦しました。
テレビで見ていたままのスタジアムで、でも現地で味わう熱気は想像をはるかに超えてました。
日本のスタジアムとも違う雰囲気で、隣の人と抱き合って喜んだり興奮しっぱなしでした。本当に楽しかったです。

Football@UKを選んでよかったと思うことを教えてください。

まず、吉田麻也選手に会えたことです。
先日、コーチとアカデミーの子どもたちへ会いに練習場に訪問してくれたのですが、吉田選手に憧れてDFを目指したのでお会いできて直接お話できて本当に来てよかったと思いました。
そして、サッカーの仕事をしている人に会えて直接話してもらえること。
僕は分析が好きなので、実際に分析官の方とお話する機会があったことは幸運でした。
日本いただけでは得られなかった人脈に恵まれて学ばせてもらっています。

よかったらどんな夢や目標があるのか教えてもらえますか?

この留学が終わったあとは、一度日本に戻って再度イギリスに戻ってきたいと考えています。
コーチを目指すのか、分析官を目指すのかまだ迷っていますが、先日分析官の方に「コーチになるとしても必ず分析力は必要」と話していただいたのでまずは分析力を高めてコーチとして自分の能力を高めていきたいですね。
そのためには日本で経験を積むことも必要だと思っていますが、最終目標としていつかイギリスで分析官ができたらいいなと思っています。

留学を検討している人へメッセージがあればお願いします。

いろいろな理由で迷っていると思います。
金銭的な問題であったり、慣れない環境に対しての不安があったり…。
英語は、僕は学生の頃は英語の成績は悪かったし、嫌いだったけど来てみたら意外とどうにかなります!
まずは思い切って行ってみる!
着いたらとにかくいろんな人と関わって話してみる!
カフェで注文してみる、とかそんな小さいことからでもいいから話してみると
少しずつ英語で話すことはできます。
思いっきって来てみたら想像以上に大きなものが得られると思います。
思い切って飛び込んでみてください!


奎太さん、取材のご協力ありがとうございました!

筆者もロンドンで初めてコーヒーを頼んだときのことを思い出しました。

とりあえず飛び込んでみる勇気って大事ですよね。

著者プロフィール

Keiko
2023年5月に渡英。ロンドン初心者として日本の皆様に寄り添った現地の最新情報をお届けします☺日本代表戦の観戦が大好きです⚽