タグ別アーカイブ: 海外

FA level1 in Talent Identificationを受講してみた!

皆さんは、イングランドのプロクラブで、スカウトとして働くためには資格が必要であるとご存知でしょうか?

イングランドサッカー協会(FA)では、コーチングライセンスだけではなく、様々なライセンス講習会を開催しています。その中の一つにTalent Identification(以下、Talent ID)というスカウティングに特化したコースがあり、プレミアリーグをはじめとしたプロリーグのチームでスカウトとして活動するためにはこのライセンスが必須となります。

Talent IDはlevel 1からlevel 5までの5段階となっており、level 1はオンライン上で誰でも受講することができるようになっています。もちろん、日本国内からでも受講可能です。

今回は、実際にlevel 1を受講した私が、その内容に関して紹介します!

 

まず、このコースを受講するためには、The FA(イングランドサッカー協会)のサイト(http://www.thefa.com/)のホームページでアカウントを作成し、FANナンバーを取得する必要があります。FANナンバーさえ取得すれば、すべてオンラインでの受講となるため、日本からでもlevel 1のライセンスが取得できてしまいます!

 

Talent ID level 1は大きく分けて6つの項目に分かれております。

Module 1  スカウトの役割と責任。

Module 2  スカウティングの方法とルール

Module 3  スカウティングの手順

Module 4  4 corner modelとスカウティング

Module 5  様々な種類の年齢

Module 6  試合で考えること+まとめ

ここからは、私がこのコースを通して特に印象に残った点をご紹介します。

スカウトとしての自覚を持ち、行動する心構え

スカウティングというと最初に思い浮かぶのは、「どのように選手の能力を見抜くのか」などかと思いますが、それと同時にスカウトの心構えや振る舞い方に関しても学習します。

例えば、特定の選手のプレーを見学しに試合に訪れた際、まずはホームチームの関係者に自分の所属等のプロフィールを提示することや、保護者に「誰を見に来たのか」聞かれた時の対応の仕方なども学ぶことができます。

スカウトされるチームや選手のこともリスペクトすることがスカウトとして欠かせない要素になります。

スカウティングのルール

実は、FAが選手のスカウティングに関するルールを細かく定めています。

Level 1では初歩的なルールをいくつか学ぶだけにとどまりましたが、今後スカウトとして活動するためにはこのルールを熟知していなければなりません。ルール違反をした際は、自分のみならず、所属するクラブにも処罰が適用されることがあるそうです。

コーチングについて

このコースは、将来スカウトとして活動したい人のみならず、多くのコーチたちが受講をしているそうです。そういった状況を踏まえ、Module 6では、どのように子どもたちを指導すべきなのかを、スカウティングに絡めながら学習することになります。

具体的には、理想的にはすべての選手が試合に出場して自分の能力を伸ばすことですが、実際には選手の能力差などの理由から試合時間を均等に確保できないこともあります。そのようなことを考慮しながら、スカウトは選手を観察しなければいけません。

ここまで、非常に大枠ですが、Talent ID level 1について紹介させていただきました。すべての内容を完了するのに約2時間ほどかかりました。

日本サッカー協会では、スカウト専用のコースはまだ設置されていないので、将来スカウトになりたい人にとっては、サッカーの本場イングランドでスカウティングについて学ぶことができる貴重な場です。

また、level 2以降はより本格的な内容となるようですので、将来育成年代のスタッフや分析に興味のある方にも打って付けのコースです!

【イギリス女子大学生留学コラム】ベルギーへ代表戦を観に行ってきました!

こんにちは。
サウサンプトン大学でサッカー学を学んでいる、もねです。

昨年11月14日、ベルギーのブルージュでサッカーベルギー代表対日本代表の親善試合が行われました!

今回はサウサンプトンからベルギーまでの移動と、代表戦の感想をレポートしたいと思います!

まず、家のあるサウサンプトンからロンドンまで高速バスで移動し、地下鉄でロンドンにあるユーロスターの駅へ向かいました。

そう、今回は飛行機ではなく高速電車での移動です!

London St. Pancras International駅はたくさんお店があったり、
時期的に大きなクリスマスツリーが立っていたりと賑やかな雰囲気でした!

London St. Pancras

イギリスからヨーロッパへ

さて、いよいよチェックイン!

ユーロスターは出発の駅で出国と入国の審査をどちらも行うということが驚きでした。

空港と同じような荷物検査をして出国ゲートを通ったら、すぐに入国ゲートがあります。

飛行機と同じようにスタンプを押してもらいましたが、
電車での移動なのでスタンプにも汽車のマークが入っていてかわいいです。

汽車のマーク!!

車内は至って普通。
クラスを上げればロマンスカー的な雰囲気が味わえるのかも(?)

そこから2時間!
ドーバー海峡を越えるときを楽しみにしていましたが、トンネルが多くてどれが本番なのかわからず気づいたらもう大陸を渡っていました。笑

ベルギーのブリュッセル南駅(Bruxelles-Midi)に到着して、(入国はロンドンで済んでいるので)そのまま電車を乗り換えてブルージュへ向かいます。

電車で1時間ほど移動してブルージュ(Brugge)に到着し、バスでホテル付近まで行きました。

荷物を置いてすぐスタジアムへ出発!!

スタジアム行きのバスの中から日本サポーターとベルギーサポーターのチャント合戦があって賑やかでした。

バス揺れていました。天井とか窓とか叩かないで!!笑

ネットがあって少々見えづらかったです…。

Jan Breydel Stadiumの席から見えたピッチです!
ここの席だけネットが張られていて少し見えづらかったのが残念です。

そして、試合開始!

日本代表、チャンスはあってゴールに近いところまでいけるときもあったのですが、なかなか決め切れません。

そうこうしているうちに後半、プレミアリーグのマンチェスターユナイテッドでプレーするルカクにゴールを許します。

日本は次々に攻撃的な選手を交代で送り込みましたが、そのまま試合は終了。

0−1で敗戦。悔しい結果になってしまいました…。泣

でも久しぶりに見た日本代表戦。
しかも日本国外で見たのは初めてだったので新鮮でした。楽しかったです!

帰り道に苦労。。。
試合が始まったのは20時45分。当然ながら終了は22時半ごろ。

公共交通機関の運行時間が終了していました…。

グーグルマップを頼りにホテルまで45分くらいかけて歩いて戻りました。笑

観戦中は寒かったのでコートとマフラー、その下にユ○クロの薄いダウンを着ていたのが仇となり、ホテルに着いた頃には汗だく。

しかもホテルまで5分という所で携帯の充電が切れて迷子になりながら歩いたので冷や汗もかいてました。笑

でも本当に、「北のベネチア」の異名を持つブルージュの街!!
ベネチアのように同じような街並みが続くので本当に迷いました。笑

同じような街並み

綺麗なところもありましたヨ。励みになりました。笑

きれいなライトアップ!

次の日はブルージュとブリュッセルを観光して、来た道を戻ってサウサンプトンに帰りました。

早くから予定を立てていたのでバス、ユーロスター、ホテル代込みで£125ほど。

日本円にすると2万円しないくらいで旅費を抑えられました。
感激!

弾丸の旅で帰った後はすぐバタンしてしまいましたが、意外に短時間で色々見ることができたので良かったです!
サッカーは負けて悔しかったですがまた近くでやるときには見に行きたいと思いますし、またユーロスターの旅もしたいと思います。

もね

 

その他のイギリスコーチング留学や選手留学の日記はこちら!

1【イギリス短期留学】大学生が選ぶロンドンですべきこと10選

2【イギリスコーチ長期留学】 1ヶ月目 「プレミア優勝後のレスター岡崎選手と対話!」

3【イギリス短期留学】大学3年生イギリス1ヶ月短期選手留学:「もう一度、本気でサッカーをしてみたかった」PART1

4【イギリス短期留学】高校生が海外イギリスサッカー選手留学3週間で感じた差とは?

5【イギリス短期留学】日本の高校生がイギリス留学5週間で指導者資格を取得するまで

■FOOTBALL@UKではイギリスサッカー海外留学についての無料LINEカウンセリングを行っております。

Football@UKお問い合わせ先

メールアドレス  ttakeyama@japanatuk.com まで、
件名を「イギリスサッカー留学無料LINE相談希望」とご記載頂いた上で、下記の必要事項をご記入頂きお申込みください。

【氏名】
【性別】
【年齢】
【住所】
【お電話番号】
【留学時期・内容】
【サッカー経験】
【その他ご質問/ご要望】

  
otoiawase_13

 

【動画】岡崎慎司がオーナーを務めるマイスターFCイギリスサッカー遠征

昨年末、兵庫県須磨マイスターFCと神奈川県厚木市SCDが合同(中学1年と2年生)でイギリスサッカー遠征を行いました。

チェルシーのトップチームの練習場、育成に定評のあるブライトンでのトレーニングマッチ、プレミアリーグ岡崎選手出場のレスターvsエバートン戦を観戦。

ロンドン観光も行うなど、中学生の選手たちに刺激多い毎日だったはず。

ロンドン地元クラブとの交流もあり、これを機に英語に興味を持ったり、より自分の好きなサッカーに打ち込むモチベーションになれば幸いです。

本ウェブサイトを編集長の竹山は、ビデオ班として帯同し、ビデオ編集しました!

イギリスでのサッカー遠征は、ロンドン拠点をするJAPANATUKまでお問い合わせくださいませ!!

責任者 宮原
hmiyahara@japanatuk.com

otoiawase_13

【動画】イングランドサッカー情報番組 『フットチャット』始めました!

動画チャンネル「フットチャット」を発足!

「フットチャット」は、ロンドンからプレミアリーグのあらゆるサッカー情報を発信していく動画チャンネルです。

英語と日本語で週末にヨーロッパで行われる注目のゲームを一試合ピックアップ!

その他にも、
ヨーロッパの育成事情、
現役、引退サッカー選手をゲストに呼ぶ会や、
ヨーロッパでのメディア事情などを不定期で更新予定!

記念すべき第一回は今夜日本時間23時にキックオフするレスターFC対バーンリーFC戦の見どころそ中心にレスターFCの今後のマッチスケジュール、注目選手、岡崎の動向などなどを配信!

是非ご覧ください!

【パーソナリティ プロフィール】
マリコ エンゲルス
女子サッカー選手(QPR レディース所属)
ロンドン在住 ドイツ人とフィリピン人のハーフで日本育ち
英語、ドイツ語、日本語、タガログ語を操ります。

タケヤマ トモハル
ロンドンの日系サッカーチームのサッカーコーチ。
ロンドン在住7年目。
イタリア、メキシコ、東京、ロンドンで20代を過ごす。

【イギリス短期留学】大学3年生イギリス1ヶ月短期選手留学:「もう一度、本気でサッカーをしてみたかった」part1

厚木ナオヤさん(21歳)は、大学4年になる前の春休みを利用して約1ヶ月間、ロンドンに海外サッカー留学(選手プログラム)にやってきました。

ナオヤさんは、大学に入ってから度重なる怪我のために現役を退いていました。「東海1部でプレーできるように大学サッカーを頑張っていたのですが怪我のために一度部活をやめてしまいました。今後、将来プロになって成功しようという思いはありませんでしたが、サッカーをもう一度本気でやってみたかった気持ちはありました。留学をきっかけに次のステージに向けて新しいものを発見できればと思っていました。」とインタビューで語ってくれました。

4週間と短い期間ですが、サッカーを通じたロンドンでの留学生活でどんなものであったのでしょうか?

留学生活は、午前中は語学学校に通い、午後はロンドン北部のセミプロクラブのユースチームとトップチームの練習に参加しました。

インタビュー前半は、ロンドンでの生活(語学学校、ホームステイ、不安に思っていた部分)について語ってもらいました。

DSC01494
チームメートと写真。ユースチームの試合にも出場

■サッカー留学中の午前中は語学学校に

F@UK: 留学期間中、学校は朝8:45から12時までの授業を1ヶ月間通いましたが、英語に対する接し方はどのように変化しましたか?

「来る前は、わからない。全然わからない。で終わらせていた部分を、自分で単語を調べはじめるなど変化はあったと思います。学校に行くと英語ができない人が集まっているのでコミュニケーションの壁をそれほど高く感じませんでした。」

F@UK: 周りはどんな国から来てました?友達はできました?

「学校では、ブラジル人、ポルトガル人やイタリア人などが多くて、サッカーが会話のきっかけになってくれて友達ができました。ベンフィカやフラメンゴのこの選手は知ってる?とかで盛り上がりましたね。トルコ人とはW杯のときに負けた話をしましたね。」

IMG_1298

F@UK:トルコ人いつまでも言うんでしょうね。笑。
実際の授業の内容は、どのようなものでした?

「授業の時間は、3時間と少し長く感じた日もありましたが、内容は教科書に沿ったものに加えて、Youtubeでの歌詞の穴埋めやアニメを見て登場人物の描写などしました。英語のレベルは低かったのかもしれませんが、クラスメートと会話するという意味ではよかったと思います。

■サッカー留学中のホームステイについて

IMG_1296

F@UK:ホームステイでの生活でしたが、暮らしていかがでしたか?もちろん英語のみでの生活になります。

「ホームステイでの生活は、必ず会話しないといけない場面がでてきます。まずは家族のルールを一通り理解する必要がありました。」

F@UK:そうですね。ホームステイを勧めている理由のひとつに、一人暮らしでは生まれない会話があって英語の力はつきやすいと思います。

「ホームステイは、ある意味で泊めていただく家族の一員になることなので、窮屈に感じる部分もありますが異文化に触れることができてよかったです。こちらに来て感じたのは、家族が曜日感覚を大切にしているなと思います。週末のこの時間はこの人と過ごすと決めていたり、イベントもしっかりと予定にいれていました。」

注:インタビューした日は、イギリスの母の日であったので、ナオヤはお母さんにチョコにプレゼントしていました。すばらしい!

■ロンドン生活で不安に思っていたこととは?

IMG_1258
ランニングをしたりボールを蹴るなど自主練習していた公園

F@UK:ロンドンに来る前に不安に思っていたこともあると思いますが、気になっていた部分はありましたか?

「練習場への移動手段などは不安に思っていたのですが、地下鉄やバスでの移動は地図もわかりやすくて、すぐに慣れました。食事に関しては、たとえばお昼ごはんを注文するだけでも、わからないと困るだろうなと思っていたのですが、メニューを使いながら、いろいろと聞きながら、自分が食べたいものを注文できるようになりました。近所のチキンショップのおじちゃん(おばあちゃんだったかもしれないとのこと)と仲良くなれたのは楽しい思い出です。」

F@UK:治安に関しては、イギリスに留学にする前と印象は変わりましたか?

「危険にさらされるようなことはなかったので、東京での生活とさして大きく変わらないと思います。サッカーの遠征でスペインにいったときは、あきらかに観光客の鞄を狙っている人たちがいたのですが、ロンドンでは電車のなかでもバスでも変な場面には遭遇しませんでした。逆に道を聞いたりすると、やさしく教えてくれる人がいましたね。」

F@UK:留学生活において英語に慣れることがとても大事と言っていましたが、何か実際にやっていたことはありますか?

「生活で使う英単語を携帯にメモに残していたのですが、後々家に帰って自分で調べると、その単語は忘れずにその後に使えることが多かったのでよかったですね。」

■念願のプレミアリーグ観戦(アーセナル)が叶う

IMG_1259

F@UK:少し話は変わりますが、プレミアリーグ観戦も希望していましたが、実際にアーセナルの試合を観戦に行きましたね。たしか平日のアーセナル対スウォンジー戦でしたが、スタジアムの雰囲気や生で見たプレーはどう感じましたか?

「選手はもちろんすごかったですが、観客もサッカーの試合のことを知っているなぁ。と思いました。盛り上がるポイントを一人一人わかっていて、彼らが試合を盛り上げて作っているなと思いました。そんななかで、ラムジーとサンチェスが印象に残りました。スピードもプレッシャーも高いなかで発揮する。日本だと緩いプレッシャーでできる選手って多いと思うのですが、もう一段階早いプレースピードのなかで、個人で打開できる選手が、プレミアには必須だなと思いました。」

F@UK:スタジアムの一部分が盛り上がるのではなくて、全体ですよね。それこそ隣や後ろに座っているおじさんが、激しい。

「観客もアグレッシブですし、その勢いに後押しされて選手たちも激しいですね。プレミアリーグになれば技術がある選手が多いですが、下部にいけば足下がなくて下手な部類に入ると思います。しかし下手だけれども、プレーを最後までやりきるから、変なピンチになりにくいのだと思います。ここは大きな違いを感じました。日本人はサッカーをきれいにやろうして失敗するケースが多いなと思います。イギリスではミスするけれどプレーが途切れないなと感じましたね。」

DSC01466

セミプロクラブのユースチームやトップチームの練習に参加して、実際にプレーした感想、環境やレベルなどを詳しく聞いてみましたので次回をお楽しみに↓

大学3年生イギリス1ヶ月短期選手留学:
「もう一度、本気でサッカーをしてみたかった」
PART2はこちら!

インタビュア−:竹山トモハル

本マガジンFootball@UKは、イギリスサッカー留学(選手、コーチ資格、語学留学、大学進学)の現地サポートをロンドンより行っています

詳しい留学日程や予算などは、下記リンク↓をクリック!

player_13

下記リンク↓よりお問い合わせくださいませ!

otoiawase_13