タグ別アーカイブ: チケット

プレミアリーグの気になるチケット価格とは?丁寧に解説します!

「プレミアリーグのチケット、高いんでしょ?」
これは、イギリスに住んでいていると、必ず聞かれる質問。

詳しく取り上げている日本のメディアがあまりなかったので、世界最高峰のプレミアリーグのチケット事情についてBBCで取り上げられているものを参考に調査してみました!

まずは、シーズンのチケットのお値段は?

シーズンチケット (年間約20〜25試合のホーム戦が見られます)
                               最低       最高
Arsenal   £891(129,558円) £1768.5(257,080円)
Chelsea   £750(109,05円)  £1250(181,759円)
Tottenham £645(93,787円) £1700(247,192円)
Liverpool  £685(99,604円) £869(1263,59円)
Man City  £299(43,476円) £920(126,359円)
Man Utd   £532(77,356円)  £950(138,137円)

さて気になる、通常の一枚というと・・・

通常チケット
                          最低      最高
Arsenal   £26(3780円)  £95.5(13,813円)
Chelsea   £74(10,760円) £87(12,650円)
Tottenham  £20(2,908円)  £75(10,905円)
Liverpool   £9(1,308円) £59(8,579円)
Man City   £35(5,089円) £58(8,433円)
Man Utd   £31(4,507円) £53(7,70円)

注意点
赤部分
※先シーズンのArsenalのシーズンチケットが高額になっているのは、7試合のヨーロッパリーグとFAカップが保証されていました。

青部分
※リバプールの£9のチケットは、ポストコードがLの人の中で500人に配られるので、そんなに全部が安いわけじゃない

若者のスタジアム離れ?
やっぱり、プレミアリーグのチケット高いですね。

日本から観光で来る方々には正規のお値段で約1万円から1万5千円だと伝えています。

しかしながら、購入には会員登録が必要であったりとややこしいことが多いです。

ちなみに、この調査毎年行われているもので、近年は80%のチケットの価格が下がっているよう。しかし、近年若者が試合を観に来なくなっているのが現状。

若者がいかないとなっている最大の理由の一つはまさしく価格。
BBCが行った1000人の18歳から24歳に対する調査によると彼らの82%がチケット高額な価格は試合を観に行く際の障壁になっているもよう。

現にシーズンチケットを買う若者はその4%にも満たなく、月当たり1回以上行く若者は全体の26%にみたない。そのため多くのクラブは対策として若者に対して値段を下げる試みはしている。

現在のシーズンチケットフォルダーの平均年齢は41歳。

継続的なクラブ運営をしていく上でも、若者の試合観戦離れは避けたい。今後、ますますの対策を講じる必要があるのですが、面白いアイディアを出しているクラブを見つけたいですね。

チケットの価格、下げれるんです!その理由は?

クラブがチケット価格を下げられる可能性はあるのです、大きく分けると3つ。

1莫大なテレビ放映権
Premier League=莫大な放映権料。

アジア諸国におけるフットボールファンの増加も重なり、Premier Leagueのクラブに放映権収入が多く入るようになった。なにもせずに150億円以上の莫大な額が各クラブに毎シーズン振り込まれる。

2ネーミングライセンス
Premier Leagueのクラブが所有するスタジアムの多くはネーミングライツを売っていないことが多い。

NFLのクラブの80%がスタジアムスポンサーを持つのに対して、Premiere Leagueはおよそ30%のクラブしか持っていない。

マンチェスターユナイテッドはPremier Leagueのクラブで一番高く、一年間に35憶程の収益が見込める。また他のクラブでも低くても数億の収益が見込める。

これらの見込める収益を選手を買うためだけでなく観客に還元していくことが期待される。

ドイツリーグを見習ってほしい!
ブンデスリーガは5大リーグの中でもかなりチケット価格が安い。

高くても£60前後で最も安いチケットは一桁、£10台で買えるチケットはかなりある。
また、学生価格を設定し、かなり安い。

なぜそこまで安いのか、その理由はファンにある
ブンデスリーガのファンはPremier Leagueのファンよりチケットの価格に対して抗議デモをおこし、それが価格の上昇を抑えてきた歴史がある。

代表的なエピソードは、過去のチャンピオンズリーグのアーセナル対バイエルンミュンヘン(@エミレーツ)での一戦の一幕だ。

バイエルンファンは「ファンなしではほんの少しの価値もない」という横断幕を掲げた。さらには、トイレットペーパーをグランドに投げつけ、試合を一時停止させた。このようにファンによる抗議がチケット価格の低下という結果に結びついている。

なぜ下げない?チケット価格
主な、理由はチケット価格を下げる必要がないとクラブが判断しているからだ。
プレミアリーグは価格が上昇していく状況においても、観客がスタジアムから離れずに安定した収容率を誇っている。

Arsenal  99.2%
Chelsea  96.6%
Tottenham 60.3%
Liverpool 98.0%
Man City  98.2%
Man Utd  98.4%

このようにプレミアリーグ主要チームの今シーズン、ホームスタジアムを9万人収容のウェンブリーにホームスタジアムを一時的に移したTottenhamを除いて、かなりの高い割合が出ている。

この数字をみれば、首脳陣たちがチケット価格を下げることをためらう気持ちは理解できる。

ハダーズフィールドの100ポンド年間チケットとは?
ハダーズフィールドのチケット価格、シーズンチケット価格はプレミアリーグの中で最も安い。というのもチェアマンがファンに低価格を約束している。

最も安いものは£100のシーズンチケットで4000人のファンがその恩恵を受けている。一番高いシーズンチケットが£299で、マンチェスターシティの最も安いシーズンチケットの価格と同じだ。

£199がこのクラブのほぼ平均価格であるが、年間の一試合当たりは£10.47で試合が観られるということになる。フットボールは誰のためにあるか?考えさせられる価格である。

日本からいく場合、どのようにチケットを買えばよいのか?
日本からお越しの場合は、クラブのホームページにて事前にメンバーシップに登録するのがベスト!

各クラブメンバーシップは有料、無料がある。
チケットの買い方などの詳しい情報についてはこちらの記事を参照してください。

英国サッカー観戦の達人が教えるアーセナル戦チケットの取り方

StubHub(スタブハブ)でプレミアリーグのチケットを買ってみた

StubHub(スタブハブ)でプレミアリーグのチケットを買った人に評価、感想を聞きました。

イギリス人留学に行ったら必ず行きたいプレミアリーグ観戦果たしてどのようにチケットをとるのでしょうか?

今回、StubHubをご紹介させていただきます!

StubHubとは?
StubHubはチケット仲介会社大手。他人からチケットを買い、それをStubHubが仲介会社として売る。検索すると、上位に必ずでてくると思います。そこでこのサイトで購入しても大丈夫なのだろうか?と多くのみなさまが疑問を持たれていることでしょう。留学生がイギリス滞在期間に利用しても大丈夫ですか?とよく聞かれます。

結論からいきますと、、、自己責任です。

今回は留学生が自分の体験談として、レポートしてくれました。ので、体験談として紹介させていただきます。

=注意書き=
仲介会社での購入を100パーセントおすすめはできませんが、プレミアリーグのチケットを欲しい時にさくっと手に入れることは容易ではありません。1週間後のあのゲームが見たいという時には非常に便利です。公式サイトに登録して、数ヶ月


それでは簡単な買い方を説明します。
スポーツや音楽など様々なものなど選べます。

1スポーツを選択します

2試合を選択します

例えばマンチェスターユナイテッドとチェルシーを買うとしましょう

3何枚とるか選びます

4ブロックを選びます

5 席を選びます

6 確認して、購入です

StubHubでチケットを買いに買った男性(留学生)に取材してみました。
(下に記載のものは全てStubHubから購入です)

滞在7週間ほどで5試合のゲーム観戦。
ほとんどのチケットをStubHubで購入。

トラブルに見舞われたが、ひとつずつ困難を乗り越えてきた経験をしてきましたが、

(筆者)何枚買いましたか?
5試合くらいです。

(筆者)席と価格はどんな感じだったのでしょうか?

⑴ トッテナムvsドルトムント(Champions League)
約£100(14500円)
元値はおよそ£30~£40 3階席でした。

⑵ リバプールvsバーンリー(Premier League)
約£200(29000円)
元値はなんと£9。。。。
2階席

⑶ チェルシーvsトッテナム(Premier League)
約£100(14500円) 
元値はおよそ£30
1階席 屋根の下

⑷ アーセナルvsサウサンプトン(Premier League)
約£100(14500円)
元値はおよそ£50 コーナーキック横

⑸ イングランドvsチェコ
約£120(17400円)
1階席

対戦表、値段、席はこんな感じでした。(£1=約145円です)

(筆者)んーやはり割高に感じますが、それでも自力で手に入れるところがすごいですね。チケットを買った際問題はありましたか?

正直、トラブルはありましたね(笑) 具体的にいうと、スタジアムに入るときに購入方法質問を受けたり、販売者からのチケットの受け取り、最後は急にチケットが受け取れなくなるなどの問題がありました。

(筆者)詳しくお願いします。
リバプールvsバーンリーの試合は一番大変でした。
リバプールのチケットをStubHubで買う際は特定のパブで受けとる必要があるみたいで、その際に受け取るのにてこずりました。

最初チケットが届いてないといわれました。結局知らないおじさんが届けてきました。その際、英語で対応することとなりました。

それに驚くのはチケット代です。元値は何と£9。僕はおよそ22倍の値段でチケットを買ったわけです。(笑)

さらにスタジアムに入場するとリバプールのビブスを着た職員に何度も「買った?」と聞かれます。他人から高値で買うのは禁止された行為だからです。何度も「友達からもらった」と言って逃げました。

 

チェルシーvsトッテナムでは、入る際に「どこで手に入れられた?」と聞かれパスポートの情報を渡す必要がありました。チェルシーは最近アジア人を見かけるとチケットの購入方法を聞いているようで、正式に購入していない場合は試合を見れないこともあるそう。

イングランドvsチェコではチケットの受け取りにてこずりました。試合の次の日にチケットが届くといわれメールや電話を通じてやっとの思いで家まで宅配してもらい受け取ることが出来ました。

さらにフルハムvsリバプールの試合は3、4日前にキャンセルになりました。

スタブハブは購入が成立がしなかった場合はしっかりとお金はかえってきます

最後にスタブハブの感想。
どの席も元値は安いものでしたが、すでに売り切れとなっており購入できない状況なので、スタブハブを通じて購入する手を考えました。もちろんStubHubを通じると手数料などで何倍にもなります。限られた滞在期間なので、お金はかかってしまうのは仕方ないかと思っている部分もありますが、もう少し効率的な購入方法はないのだろうかと疑問は残ります。

トラブルはなくはないので、おすすめはできませんが背に腹はかえられぬ場合(2019年春の時点では)スタブハブを使うのもありかなと。

英語が必要となる場面もありますが、滞在数週間の英語がまだまだ未熟な僕でも乗り越えることができたので、皆さんもできるはずです。

まとめ
チケット入手難易度 易
チケット信頼性性      中
チケット価格           割高だが日本の旅行会社よりは割安

ひと言 短期留学(旅行)で様々なクラブ、チャンピオンズリーグなど見たい人におすすめ。値段が高いことが難点。また、受け取りの際のトラブルは多々あり、受け取りの際にある程度の英語力が必要となる可能性がある。英語力向上にはいいのかも?

補足で他の買い方を説明します。

オフィシャルサイト
何と言っても安心安全であることは間違いありません。

しかし
なかなか買えないということが欠点です。
コンサートのチケットを買うのと同じですね

それでは買い方です。
2つ選択肢があると思いま。

① 有料会員になってしまう
有料会員にいくらでなれるかが問題ですが、ダフ屋やStubHubで買うよりトータルで安くなることは確かです。
クラブによりますが会員年間£30~£50前後くらいで買えます。かなりお買い得だと思います。発売日はでているので、その瞬間を狙って買うとご紹介します。

② 無料会員登録する
これが最も安く行けるやり方です。基本的な情報を登録するだけで、買えるようになります。しかし、売れ残りであるそこまで人気がない試合の場合が多いです。

リバプール、マンチェスターユナイテッド、チェルシーなどは、長年のファンでない限り、新規会員としてオフィシャルサイトからの購入は非常に困難な状況です。

会員になって、今後何年間は 「〇〇(このチーム)が好きで何試合もみたい!」という人にはお勧め。長期の留学が決まったらすぐ会員になりチケットが売られた瞬間に買えば、最前列などで良席を取れることも可能。

ロンドン駐在員の方はこの方法で購入されていますね。長期留学の人にはかなりお勧め。短期留学でも2試合観たら元が取れるのではないでしょうか?

 

本サイトFootball@UKは、イギリスサッカー留学専門(選手、コーチ資格、語学留学、大学進学)の現地サポートをロンドンより10年以上に渡って行っています。

イギリス海外留学に関するお問い合わせなどは、下記リンクよりお問い合わせくださいませ!

player_13

coach_13

otoiawase_13

 

サッカー女子が行く観戦日記!

こんにちは。サウサンプトン・ソレント大学1年生のもねです。

ここ最近はプレミアリーグだけでなく、下のカテゴリーの試合も何試合か見に行きました。それぞれご紹介します!

Portsmouth vs Crawly Town
サウサンプトンからポーツマスまでは電車で1時間。ポーツマスFCのホームスタジアムであるFratton Parkへ。

ポーツマスFCといえば、かつて元日本代表の川口能活選手が所属していたので聞き覚えのある方もいるんじゃないでしょうか。

3部所属のチームですが、この試合のため販売された席は満員!立って見ているサポーターもいました。

サポーターの印象は、何と言っても迫力がある!というところ。
名物サポーター(?)のおじさんの掛け声に合わせて声を上げ、手拍子だけでなく足踏みをして音を出していました。地響きがすごかったです。笑

Farnborough vs Weymouth
サウサンプトンから電車で1時間40分ほど。
試合会場のRushmoor Community Stadiumへは、駅から徒歩40分ほどでちょっと疲れました。次はバスを調べて使おうと思います。笑

やっと到着すると、7部にしては立派なスタジアムが!!

この試合、ホームのファーンバラは大敗…。
サポーターのおじさんたちから「Go on Borough!!!(チームの愛称)」という怒号が飛んでいました。

対戦相手のウェイマスの方が、いいプレーが目立ったような気がします。
でもアマチュアリーグということもあり、仕事を掛け持ちしているであろう
選手たちが頑張っていました。

今や有名なレスターのヴァーディー選手も、
かつては8部でプレーしていたというので、夢がありますね!

Southampton vs New Castle
この試合は結果だけ見れば引き分けでしたが、一喜一憂するような点の取り合いがありました。

ニューカッスルが先制されて折り返したものの、後半始まってすぐに点を返してサウサンプトンサポーターは大盛り上がり。しかし興奮冷めやらぬうちにまた逆転されてしまいました。その後、PKを獲得しガッビアディーニがこの日2点目を取りました。

勝ち点は分け合ったものの、サウサンプトンサポーターにとっては苦い結果に
なったのではないかと思います。

ここ2試合はカテゴリーが下の試合を観ていて、そこでも盛り上がってるな〜とは感じましたが、やはりプレミアはすごい!
規模が違う感じ!!笑

Eastleigh vs Gateshed
イーストリーへは、サウサンプトンから出ているバスで45分くらい!
電車だと1駅の、けっこうアクセスのいいスタジアムです。

こちらはイギリス5部リーグの試合。
7部のチーム同様、立派なスタジアムでした。席を増やす工事もしていて、さらにお客さんが増えそうです!

そしてここに来ているファンのみなさんの印象は、「とても雰囲気がいい。」笑
いや、他のスタジアムはそれはそれでファンの応援などでいい雰囲気はあるのですが、今回のファンの方々は温厚というか、ちょっとのミスでは罵声を浴びせない。(これは良いのか悪いのか。笑)

Jリーグ好きの私に言わせれば、どことなくJ2やJ3の雰囲気に似ていて落ち着きました。

さらにはお天気も不安定で、最後にぱぁっと晴れた時に虹が出ちゃったりなんかして、穏やかな気持ちで試合をみていました。

試合内容もイーストリーの土壇場での逆転劇があってすごく盛り上がりました。
また来たいな!と思えるところでした。

Arsenal vs Norwich
アーセナルの試合は、去年からずっと見たくて、今回は念願の観戦でした。
でもそのアーセナルの試合を見たいという理由が、

エジルさんのプレーが生で見たい!!

何を隠そう私の1番好きなプレミアリーグの選手がエジルさん!!しかし今回エジルさんは出場なさらなかったので、泣またリベンジしたいと思います。

とにかくエミレーツスタジアムは、やっぱり大きかったです。

プレミアの試合はサウサンプトンのホームでしか見たことがなかったのでSt Mary’sスタジアムでも十分大きいなと思っていたのですが、
今回座った席で思ったのは、セントメリーズの1番上の席よりも遠い!!
ということでした。

グッズショップも桁違い。流行りにも乗ってました。笑

この試合も、最後の最後にアーセナルが勝ち越して終わりました。
次はエジルさんの出る試合を見に行くのが目標です!!

こんな感じで、10月は5試合、色々なリーグの試合を見ることができましたプレミアリーグの大きなスタジアムで迫力満点の試合を観るのも楽しいですが、下位リーグの試合もチーム、スタジアム、サポーターにそれぞれ違った特徴があって面白いです!

まだ行ったことのないチームの試合にも行きたくなります。

Monet

【イギリス短期留学】FA講習会で僕のことをペップと呼んでくださいと言い放った

こんにちは。
本ウェブサイトFOOTBALL@UKの編集長竹山トモです。

海外の友人と挨拶のハグと挨拶のキス、したことありますか?
あれって、結構緊張しますよね。

ん?右からいくんだけ?左からいくんかな?
(イギリスは二度しますが、国によって回数も違うようです)

日本のお辞儀の文化から、ハグの文化に入るわけですから、見よう見まねで覚えるしかありませんね。

挨拶のとき、自己紹介も必ずついてきます。

ちなみにプレミアのクラブに移籍する際に、自己紹介の後に必ず一曲歌わされるようです。

吉田選手は「かえるの歌」
岡崎選手は「上を向いて歩こう」を歌ったようです。

大事なことは歌唱力やかっこ良さでもよくて、大事なのは自分のキャラクターを示してわかってもらい、その輪に入ることです。

今回のイギリスコーチ留学日記は、FA講習会でイギリス人を前にして「僕のことはペップ(グアルディオラ)と呼んでください」と自己紹介した石塚奎吾さんです。強者です!

 

FA講習会で「僕のことペップと呼んでください」と言い放った男


出来事1 イギリス到着2日目にマンチェスター試合観戦へ
1

ロンドンからバスで6時間ほど揺られて(交通費往復23ポンド)、マンチェスターに到着。バスのチケットや試合チケット、ホテルまでロンドン留学スタッフの方が予約してくださり、僕は向かうだけ。

イギリス到着二日目にしてマンチェスターへ。そして人生初一人旅。

マンチェスターにはシティファンが多く、グッズを身につけれて入ればたくさんの人が話しかけてくれる。

なんとフランスのテレビ取材も受けて、つたない英語でシティの強みを説明。
白熱のゲーム。試合結果も3-5と熱戦で、CLのモナコとの第一線に勝利。最高の晩となりました!

3

出来事2 東ロンドンのDONNETTEさん宅にてホームステイ4

ホストファミリーのドネットさんはジャマイカ出身で部屋にはいつも陽気な音楽。
ゆっくりと話してくれて聞き取りに難はなく、身振り手振りも使ってこちらの英語力に合わせてくれた。

洗面所など使ったら自分で掃除することなど当たり前のルールだけで、とても快適に生活。ただ手を洗わないことでよく怒られたのはご愛嬌。笑

多忙なお母さんで料理は自分で温めるのが多かったがどれも丁寧な料理でイギリスとは思えないクオリティ。

ボクシングしている息子さんが隠れて彼女連れてきたときに、空気呼んで家からでていくというアシストを身につけた。

出来事3 語学学校での積極性!5

ロンドンに着いた次の日に初登校。そのおかげで積極的な姿勢で臨めて、それが友達作りがスムーズに進んだ大きな理由。

イタリアからブラジル、トルコまで多国籍な生徒たちと共にスピーキングを重視した授業。

僕はいつもクッキーを食べていたのでクッキープリンスと呼ばれてた。先生もみんな陽気な方で授業というよりみんなでお喋り。授業後はみんなでお昼を食べて、オープンな性格の自分を再発見できたように思う。


出来事4 FA講習
6

16歳の少年から40過ぎのおじさんまで老若男女20人程度で授業を受けて行く。

僕ら以外はほとんど英国人。授業は午前ディスカッションして午後は実際にセッションを行う。自己紹介でペップと呼んでくださいと言ったから皆そう呼んでくれた。キャラ勝ち!

講師の方もユーモアに溢れて、優しく、クラス全体が常に温かった。失敗を恐れず授業に参加することでどんどん楽しくなったことが印象的。

 

出来事5 サムライアカデミー9

基本的に平日夕方からと土曜終日の練習、日曜にリーグ戦。コーチの指導を間近に見れて、様々な年齢層にどう接してコーチングするか、現場の学びが深まった。

やっぱり子供にはどうやって理解してもらうかが大切で、難しい。トレーニングが難しすぎても、易しすぎても子供はついてきてくれない。コーチに必要なのはフットボールへの理解だけではないと思い知らされた。

2017年3月末日 石塚奎吾@ロンドン

その他のイギリスコーチング留学や選手留学の日記はこちら!

1【イギリス短期留学】大学生が選ぶロンドンですべきこと10選

2【イギリスコーチ長期留学】 1ヶ月目 「プレミア優勝後のレスター岡崎選手と対話!」

3【イギリス短期留学】大学3年生イギリス1ヶ月短期選手留学:「もう一度、本気でサッカーをしてみたかった」PART1

4【イギリス短期留学】高校生が海外イギリスサッカー選手留学3週間で感じた差とは?

5【イギリス短期留学】日本の高校生がイギリス留学5週間で指導者資格を取得するまで

■FOOTBALL@UKではイギリスサッカー海外留学についての無料LINEカウンセリングを行っております。

Football@UKお問い合わせ先

メールアドレス  ttakeyama@japanatuk.com まで、
件名を「イギリスサッカー留学無料LINE相談希望」とご記載頂いた上で、下記の必要事項をご記入頂きお申込みください。

【氏名】
【性別】
【年齢】
【住所】
【お電話番号】
【留学時期・内容】
【サッカー経験】
【その他ご質問/ご要望】

 
otoiawase_13

【イギリスコーチ長期留学】 7ヶ月目 『プレミアリーグのチケット購入方法教えます!』

イギリス留学生活、7か月を迎えた西井隆人です。

日没も早くなり、いよいよ冬本番の季節がやってきました。
しかし、聞いていたほど雨の日は続かず、どちらかというといい天気が続きます!

今回は初めてのプレミアリーグ観戦とマンチェスターへ行った時のお話を。
 
留学生活7カ月半にして念願の初プレミアを見に行くことができました!

1)プレミアリーグのチケットはどう手に入れるの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プレミアリーグのチケットは、ファンクラブから優先的にチケットが販売されるため、ビッグクラブとなると一般のファンまでチケットが回ってこないことが多くあります。

ロンドンでプレミアリーグに属しているチームは、現在5チームあり、そんな中見てみたかったのクラブがチェルシーとアーセナル。結論から言うと、アーセナルとチェルシーのチケット入手はアーセナルの方がわりと簡単に購入可能です。

アーセナルのチケットの購入方法で参考にしたのは、この記事です。

英国サッカー観戦の達人が教えるアーセナル戦チケットの取り方

▶︎チケット購入はお早めに。躊躇しないで!

プレミアリーグのチケットは高額で入手困難だという先入観+自分自身がケチであったりで、数ヶ月が過ぎてしまっていました。

誰かがチケットや注目ゲームを探してくれるわけではないので、自分でスケジュールを確認して、留学期間の週末などをチェックして、時間があるうちに見に行くことをお勧めします。

▶︎代表選やカップ戦は入手しやすいです

カップ戦などは平日に行われるので、20ポンド程度とプレミアに比べて安く入手することが可能です!また代表戦はウェンブリースタジアムで行われるので聖地での貴重な観戦はお勧めです。

2)エミレーツスタジアム行ってきました!
(アーセナル 0ー2サウサンプトン)

第一印象、やっぱり全てがかっこいい。スタジアムを目の前にすると、わくわく感が増しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入場ゲートを通る際には荷物チェックと身体チェックをされ,中に入れることができます。スタジアムの中は日本みたいにトラックがないためすごく近く感じます。

試合内容はリーグカップということもありアーセナルはほぼサブメンバー…

上手くかみ合わずサウサンプトンの方が押し気味。

1点目は吉田麻也からのロングパスが起点となり,日本人と誇らしい活躍を見ることができました。

自分の両隣の人がアーセナルの熱狂的なファンなのか、ミスの目立つアーセナルを見かねて,絶えずFワードを連呼していましたw

席も当たり外れがあるみたいですね。ぜひまた試合を見に行きたいと思いました。

 

3)マンチェスターへ一人旅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンチェスターにはロンドンからバスで約4時間半または、電車で約2時間かけて行けます。

中心部は中華街、大型ショッピングモールなど店が並んでいました。クリスマス前の時期ということもあり、クリスマスマーケットがそこらで開かれ賑わっていました。

DSC_1315

現代的な中に教会や路面電車があるなど、レトロな雰囲気も味わえる素敵な町でした。

▶︎サッカーミュージアムはオススメ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンチェスターにはサッカーミュージアムがありました。ビルの外見は一見薄いなぁ!と思いましたが、想像以上の奥行でした。

ここではイングランドフットボールの歴史や様々なチャレンジゲームが展示されています。

フーリガンについての展示を見て、観客やスタジアムの構造などサッカーを取り巻く環境の変化の重要性を感じることができました。マンチェスターに行く際はぜひお立ち寄りください。

 

4)マンチェスターの二大スタジアムを堪能

▶︎オールドトラフォードで衝動買い

ここでは実際に試合を見ることはできませんでしたが、ショップを覗いてきました。

DSC_1338
自分は特にマンUファンではないのですが、その場に行くと1つのブランドとしてかっこよく思えてきました!直観です!何も買うつもりはなかったのですが,一着買っちゃいましたw

▶︎エティハドスタジアムで試合観戦
(マンチェスター・シティ2v0ワットフォード)

僕自身がマンCのファンということもあり、この留学期間中にどうしても一度は見てみたかった。

エティハドスタジアムはエミレーツスタジアムとは違い、綺麗なスタジアムだなと。スタジアムのすぐ隣には、アカデミーのスタジアムを見つけました。スタジアム内で、Wi-Fiがあり非常に助かります。

対戦相手とのベンチの距離が近くてびっくり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ペップのボディーランゲージが早すぎ!
でもこれって大事なのかなって思ったり。

試合は終始マンCペース。もちろんペップ式のポゼッションサッカーなのですが、DF組織の作り方、プレッシングが徹底されている印象に残りました。

今回のチケットは自力で正規でないものを買ったわけですが、£60でした。大満足のプレミア観戦です!

▶︎マンシティのチケットはどんなサイトで購入したか?

プレミアリーグでは売り切れになっている試合の場合、チケッティングサイトで検索すると、英語でチケット売買しているサイトが出てきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-22-30-57

高額な料金に加えて手数料もそれなりにしますし、日本からの購入ですと英語でのやり取りやチケットの受け取りの部分も不安な部分があるかと思いますが、今回は何とかクリアしました。

参考までに今回僕が使用したサイトはticketbisというサイトです。今回、特に問題はありませんでしたが、購入は自己責任でお願いいたします!

西井隆人

otoiawase_13