フォトレポート: プレミアリーグ2014/15 第7節 チェルシーvsアーセナル

ロンドンよりこんにちは。
FOOTBALL  AT  UK編集長の竹山トモです。

日曜日に行われたプレミアリーグ第7節、チェルシー対アーセナルのロンドンダービーをスタンフォードブリッジにて観戦しました。ネットのサッカーサイトに流れているプロが撮った写真ではないですが、望遠きかせながらたくさんの写真を撮ったので、ふんだんに使いながらレポートしてみます。

ヴェンゲル監督とモウリーニョ監督の小競り合い、ファブレガスのパスに抜け出してゴールを決めたジエゴ•コスタのゴールシーンなど紹介しています。

ロンドン中心地から地下鉄でスタジアムへDSC00857
Fulham Broadwayの駅を降りて、5分ほど歩きます。

DSC00858 スタジアム周りには、露店がたくさん並んでいます。ディエゴ•コスタのマフラー、シャツはよく売れていました。

DSC00859
人、露店、ホットドッグを焼く煙、フットボールの試合の雰囲気が生まれてきます。

DSC00860
ロンドンダービーだからといって、ファン同士が暴れだすような危険な香りは特にしません。多くのファンを引きつけている理由のひとつですね。アーセナルファンも気軽にスタジアムまでやってきていました。

DSC00861
警察は、馬から見守ります。

DSC00862
そう、馬から。(おそらく、見晴らしがいいので)

DSC00863
住宅街のなかに、急にスタジアムはあらわれます。

DSC00864
この試合の限定マフラーを売るおじさん。スーベニールに一枚、スカーフ!!と吠えています。

スタジアム到着。外見はスタジアムっぽくない。

DSC00865
ビッグゲームの緊張感と高揚感というより、まだほんわかしています。天気よかったからでしょうか。

DSC00867
HERE TO HELPのスタッフに聞けば、スタジアムの座席の入り口の位置を丁寧に教えてくれます。あっ!

DSC00869
学部時代の同級生(ステーファノ)にたまたま遭遇!!チェルシーの試合時にパートタイムで働いているそう。ヒゲが注目ポイントです。

DSC00866
マッチデープログラムは、ファンの必需品。スタジアム内で暇を見つけるとみんな読んでいます。中身もとても充実してます。

DSC00870
This way! スタジアムをぐるーっと回りました。

DSC00871 なかなか入れずに長蛇の列。警報器がなったために試合時間が15分ほど遅れました。

DSC00872
裏には、スタジアムツアーの入り口があります。試合日以外に見学可能です。

DSC00875
北スタンド入り口。男気にあふれていました。

DSC00876 マスコットが、安らぎを与えてくれました。

DSC00877 これ、入り口です。英国のスタジアムでは防犯対策のために、ほとんどのスタジアムで小さな入り口になっています。

DSC00878
練習用ゴールが、外にもちだれています。はたして、ぼくは試合に間に合うのだろうか!?

DSC00879
次回のホームキックオフ。チャンピオンズリーグチケットはすでに売れきれです。

DSC00882
さぁ!はいります!いそげー。

いよいよロンドンダービー、キックオフ

DSC00884
到着。芝が美しい。

DSC00886
青、赤、みどり、鮮やかです。入場曲で満員のスタジアムにはじめてスイッチが入り、いっきに盛り上がります。

DSC00887
アレクシスと子供たち。

DSC00888
巨人達とこどもたち。

DSC00890 14:20キックオフ!

ピック脇ではモウリーニョ劇場

DSC00891
やはり、モウリーニョは何かと目立ちました。いや、目立ちたがっていました。

DSC00892
ボールボーイからわざわざパスをもらって挑発したり。審判や、相手にたいして大きなアクションしてみたりと、ピッチ際で舞台監督というか、プロレスの演出家みたいなことしているんだなぁと思いました。

DSC00893
アーセナル監督、ヴェンゲル。モウリーニョへのいらだちが伝わってきます。

DSC00894
じつはヴェンゲルは、モウリーニョにまだ一度も勝ったことがありません。5分7敗です。

DSC00906
激しいタックルをめぐって、両チーム監督が一触即発。いや、ヴェンゲルが一発、どついていました。

DSC00907
モウリーニョがはじめた駆け引き、ピッチ脇でも勝利していました。

DSC00908
数分後、GKクルトゥワが倒れると、いきなり、ピッチに入って、主審にとめろーーってアピールしてみたり。劇場ですね。

DSC00897 ファンの顔(チェルシー)

DSC00899 ファンのあたま。(アーセナル)

DSC00898
バナーは、たくさん張ってありますが決まったものが決まった場所に張ってあるようにおもいます。

DSC00900
DF陣はひじょうに安定。固かった。今シーズンの強さの源。

DSC00901
チェルシーDFに対して、ウェルベックなにもできずでした。

DSC00904 VIPを探せ。10秒で会長とシェフチェンコを探してください。

アザール、コスタ、ファブレガス

DSC00910 1点目のPK。アザールは、上手に逆をつきました。

DSC00914ドリブルもきれきれでしたね。

DSC00917アウトサイドターンと、右へのカットイン。これが彼の生命線です。

DSC00911セスクは古巣アーセナルとの対戦。アーセナルファンからブーイングをかき消すためチェルシーファンからは大きな後押しがありました。

DSC00913 彼のパスからも2点目が生まれました。

DSC00922
決めたのは、まさしくストライカー。 9点目。ジエーゴ、コスタ!

DSC00920 エジル「もうかえりたーい」

DSC00924
勝負ありの2点目でした。

DSC00925
この夏にファブレガスを獲得できたのにも関わらず、契約しなかったアーセナルの首脳陣。ファンペルシーのマンU移籍と同じくらいの判断ミスとなりそうです。

DSC00928

試合終了。
シーズン序盤のロンドンダービー。チェルシーは、他チームから一歩抜け出ている感じがしました。このまま無敗優勝なんてのはないだろうけれど、CLとプレミアを狙える準備ができていますね。次回の現地観戦フォトレポートも、お楽しみにください。

アーセナルファンの方は、本マガジンライターのKIYOの投稿もぜひともチェックください!

プレミアリーグ アーセナル•エミレーツスタジアム観戦の楽しみ方

英国サッカー観戦の達人が教えるアーセナル戦チケットの取り方

本場イギリスで学ぶサッカー留学プログラム

FOOTBALLATUKバナー

 

インタビュー: イギリス下部リーグで日本人選手が活躍するためには

ロンドンからこんにちは。
FOOTBALL AT UK編集長の竹山トモです。

今日は、2014年6月〜9月末までの3ヶ月間イギリスでサッカー選手として留学していた轡田 葵左(くつわだ きさ)選手(以下:Kisa)にフォーカスを当てながら、イングランドリーグのレベルや様子をお伝えします。さらに、キサ選手へのインタビューを通じて、留学を経験して得たこと、日本人選手がヨーロッパで活躍するための鍵となることなども探っています。

S__2244720ペッカムライのエルラード監督とKisa選手

選手としての目標設定をして渡英
Kisa選手は、アルビレックスから星稜高校に進学し、1年間地元のクラブチームでプレーして渡英しました。 留学生活を振り返りながら行った今回のインタビューでの最初の質問、「なぜイギリスで3ヶ月間プレーすることを決めたの?」と聞くと、とてもはっきりした答えが返ってきました。

Kisa: 僕自身、ゲームの流れの中で‘‘いい判断ができない選手’‘だとおもっていました。ワンタッチプレーができない、ボールに触れないとずるずると下がってしまう。外から見たら、日本のチームでよく見かける調子にのったプレーヤーに見えていたかもしれません。いろんな人から指摘されていましたし、自分でも改善すべきだとわかっていました。日本でもよくプレミアリーグの試合を観ていたので、縦に早いゲームの流れの中で、自分が身につける裏に抜ける動きや勝負をしかける動きが身につけたいなとおもっていました。

FOOT AT UK: 留学での具体的な目標設定がゲームのなかで「うらにぬける動き」だったんですね。イギリスの下部リーグでの戦いかたは直線的かつフィジカル中心のサッカーですが、3ヶ月のトレーニングや試合でそれをどのように学ぼうとしましたか?

Kisa: パスをたくさん回して攻撃するよりも、ゴールに直線的なほうが、効率がいいときがあるじゃないですか。他の選手が試合中に判断するときも、ゴールに直結するプレーが多かったと思います。もちろん面白くないときもありましたけど、そのなかで2トップ、3トップ、サイドの選手として試合にでたときは、必ずウラを狙っていました。ゴールに向かう意識が共通しているので、MFやDFの選手でそのパスを狙っている選手がいたことは、とても大きかったですね。

IMG_3066

試合で目立つために必要なこと
FOOT AT UK: プレシーズンの試合や、リーグ戦で10試合以上に出場していましたが、日本人が選手として活躍するために何が必要だと感じましたか?結果はもちろんですが、その結果をだすためにやるべきことをあげるとしたらなにが必要でしょうか?

Kisa: まず試合や練習にいくと、他の選手たちの体がめちゃくちゃでかいのですが、それに萎縮してはだめです。あとは、英語の問題はもちろんありますが練習でも試合でもとにかく伝えないとだめです。言い方はよくないですが、よくキレていましたね。つたない英語だけど、単語でも思ったことを伝える。それで、ボールを受けてしっかりとプレーできることを示せれば、またパスがきます。

S__2244709

英語は、プレーする上でも、とにかく大事!
FOOT AT UK: コミュニケーションの話がでましたが、選手としてどれくらい言葉で伝えることが大事だと感じましたか?

Kisa: とにかく大事です!つたない単語を繋げていただけかもしれないですけど、もっと言い方をいろいろ知っていたらと、もっといいプレーできるのではないかと痛感しました。地下鉄内の無料でよめるMetroの新聞をもらって、なんでも読んで単語を調べていました。サッカーの記事を読んだり、スコットランドはなんで独立するのか?電子辞書とともに、あー!そういう意味かと。

S__2244711

イギリス•ロンドンでの留学生活
FOOT AT UK: 最後にベスト3の思い出をどうぞ。

Kisa: やっぱりサッカーするために来たので、1番はプレーしたこと。この経験を必ずつ次に活かしたいです。2番目は、Capital One Cupのミルウォールvsサウサンプトンですね。吉田選手を目当てにいったのですが、ミルウォールのファンが熱くて、試合もバチバチやりあう試合で本当におもしろかったです。あーゆう、観ている方も熱くなる試合が好きなんです。3位は、こちらで活動しているロンドンのチームで子供たちを一緒に指導できたことです。


IMG_3118    

帰国前の最終戦、Kisaが所属していたリングフィールド(10部)のホーム戦。

相手チームのファンも車でかけつけて、スタンドつきの会場には150人以上が集まります。 マッチデープログラムも販売されており、ゲートにはクラブチームのチェアマン自身が立ち、チケットを販売。ピッチ脇で、パイ、ホットドッグ、ビール、紅茶などを飲みながら、やってくる仲間たちとそれぞれに時間を過ごします。

ここ2試合連続得点中のKisaは監督ディクシーからの期待も高く、モチベーションも高まっていました。サイドラインで見ているとバチバチぶつかる音が聞こえます。

IMG_3091

Kisaの試合を数試合観戦したFA公認代理人の宮原氏(ロンドン在住)は次のように彼のプレーを分析しました。

「Kisaはストライカーとしてはリーチが長くありません。その分、重心をなるべく低く、また相手の長い足に引っかからないように懐深くキープする技術が非常に高くなったと思います。ワンタッチプレーや、切り返す角度の深さを更に鋭くするなど多々工夫はあると思います。ストライカーという結果重視のポジション、異国の地、違うフットボール文化の中で適応し実践して行く事は、フットボールのうまさは勿論ですが、頭脳・英語の理解力・戦術理解力・性格が非常に大事になってきます。Kisaはぐいぐい行ける感で、頭も良いのですっかりなじんでいました。自分にも厳しくトレーニングしているのでプロ意識は非常に高いです。一人で空いた時間にはイメージトレーニングを頭の中で2試合出来たりするらしいです笑。最後の試合では点を決める事が出来なかったけど、イングランドで少しでも成長して日本に戻ってくれたら最高です。」

編集後記:
自分で目標を決めて、それに挑むこと。いまいる環境のなかでベストをつくすこと。サッカー選手として上に登っていく為には、当たり前のことでしょう。

彼がロンドンで挑戦した舞台はプロのような華やかな世界ではないし、またKisaが体感したことを日本に戻ってどのように還元できるかは未知です。しかしながら、サッカーを取り巻く環境でさらに上を目指そうと没頭し、自分を追い込んでいたのは事実でありました。今後の活躍を願います!

本場イギリスで学ぶサッカー留学プログラム

 

FOOTBALLATUKバナー

プレミアリーグ アーセナル•エミレーツスタジアム観戦の楽しみ方!

こんにちわ!KIYOです!

前回は「アーセナル戦チケットの取り方」について書かせて頂きました。

前回の記事はこちらからどうぞ :http://footballatuk.com/archives/283

そして、今回はアーセナルについての記事、第2弾!

エミレーツスタジアムでの楽しみ方!」です。

 

551421_505422762853285_896468608_n

スタジアムでの楽しみ方はみなさん人それぞれあると思います!

僕の場合のエミレーツスタジアムでの楽しみ方を紹介させて頂きます!

1.スタジアムへの入り方

スタジアムへ入場出来るのがキックオフの2時間前です。ちなみに、エミレーツスタジアムの最寄り駅は2駅です。ピカデリー線の「Arsenal駅」と「Holloway Road駅」です。

スタジアムの入場には

1.メンバーシップカード、または、紙のチケット

2.メールで送られてくる予約確認メール

が必要になります。

Untitled
赤丸内が入り口の詳細

上の画像が、実際に送られてくる、予約確認メールです。「Entrance」の下に記載されているのが、入り口の名前です。スタジアムの周りには入り口が記載されている地図もありますので、ご安心下さい!

2.最低1時間前にスタジアムへ入る!

スタジアムへは最低でも1時間前には入るようにしています!というのも、選手のアップが始まるのがキックオフ45分前からなので、それを見逃さない為というのも一つの理由ですが、実際に取れた座席が2階の場合でもアップ中は、一階席、しかも、選手ベンチ真裏まで入っていくことが出来るからです!選手を間近で見ることが出来るチャンスです!

その他にも、スタジアムに入る際の荷物検査や、トイレに行く余裕、スタジアムフードやドリンクを楽しむ等、やりたいことがあれば多いほど、時間に余裕を持ってくださいね!

注意事項:万が一、一階席のチケットを持っていない場合で、一階席へ入ろうとする時に、スタッフの方に止められてしまった場合は「写真を撮りたいんだけど良い?」等、素直に話してみて下さい!僕はそれで断られたことはありません。笑

3.マッチデープログラムを買う!

スクリーンショット 2014-09-22 13.09.48

イギリスでは試合日となるとこのマッチデープログラムが本当に良く売れます!アーセナルは3.5ポンド(約550円)です。アーセナルファンの方々には本当に貴重な情報(選手・監督・オーナーのインタビュー)や、試合のハーフタイム中に選手のサインボールの当選が発表される当選番号付きなど、観戦した思い出にはぴったりの一冊です!早めにスタジアムへ行き、自席に座り、コーヒーでも飲みながらマッチデープログラムを読みながら選手の入場をまってみてはいかがですか?

3.試合中の楽しみ方

試合が始まれば、あとはみなさんの好きなように観戦して下さい!声を出して選手を盛り上げるのもあり、静かにじっとみるのもあり、イギリスでの応援方法は本当に自由です。そして、プレミアリーグは基本的に全席座って観ることが義務付けられています。が、エミレーツスタジアムでもスタンディングで見ることを許されているエリアもあるとかないとか、探してみて下さい!! そして、応援チャントも、決まった人が声を出し始めるのではなく、誰かが歌いだしたらそれにどんどんのっかていくような感じで、応援を強制されるようなことはありません。

参考までにこちら( http://fanchants.co.uk/football-team/arsenal/ )のページでアーセナルのいろんなチャントが聞くことが出来るので、良かったら練習してから試合へ望んでください!6万人もの観客と一緒に大きな声でチャンとを歌うのは本当に爽快です!!

4.ベンチ入りしていない選手を探してみる!

みなさんもそれぞれ、応援している選手がいると思います!その選手がベンチ入りしていなかった!そんな場合でも、選手はスタジアムへ来ている場合もあります!たとえば、宮市君!かれは、ベンチ入りすることが出来なかった試合でも、毎試合ベンチ裏の関係者席で試合を観戦していました!

1146547_559254644136763_1633619939_n
ベンチ裏で観戦する宮市くん

5.スタジアムに隠れたメッセージを探す!

これは、僕がどこの試合・スタジアムへ行ったときにもやることなんですが、何かメッセージが隠れていないかなと探しています。たとえば、アーセナルvsガラタサライ戦ではこのようなメッセージを見つけました。

563023_554154174646810_2020439594_n
トルコでの暴動に対するメッセージ

試合だけに注目するだけじゃなく、観客にも注目をしてみたりするといろんな発見があります!

1662403_640335089362051_1095092875_n
コベントリーファンが、チームのホームスタジアム移転についての抗議活動。

 

6.隣の人と話してみる!

最後にぜひ、やってみて欲しいことが交流です!これにはなかなか勇気もいります。僕も毎回やるわけではないですが。。。笑 隣の席の人と話してみて下さい!勇気がなければ、ニコッと笑顔を見せて下さい!笑顔を返してくれます!「どこから来たの?」とか「今日の試合は良いね」とか話してくれることもあります!!

1782127_661093253952901_1523670671_n

この人は、たまたま隣の席になり、試合前にいろいろ話したりしました!そのおかげで、試合中もプレーについて話したり、ゴールが決まるたびに一緒に喜んだりと一味違った経験が出来、僕のアーセナル観戦歴でも強く思い出に残る試合です。

以上が、僕個人がエミレーツスタジアムでの試合を見るときに気をつけている・楽しもうと心がけているないようです!

みなさんの参考に少しでもなれたらうれしいです!!

KIYO


本場イギリスで学ぶサッカー留学プログラム

 

FOOTBALLATUKバナー

アーセナル近くのIslingtonにあるパブ

サッカー観戦ができるイギリスのパブの様子を紹介!

アーセナル近くのIslingtonにあるパブ

 

初めまして、普段はイギリス留学のWebサイト「留学@UK」にて留学生活をレポートしている榎本晋作です。

 

今回は、イギリスでの留学生活で必ず訪れる事になるパブでのサッカー観戦レポートをお届けします!

 

■スタンディングからファミレス型まで様々なイギリスのパブ

パブの写真

 

観戦してきた試合は、先日行われた「アーセナルVSドルトムント」のチャンピオンズリーグです。

 

日本で「パブ」と聞くと、お客さんは全員スタンディングで隣の人の声も聞こえないくらい騒がしいお店を想像される方が多いのですが、イギリスでは必ずしもそうではなく、カフェのような自由席のテーブルがいっぱいあるパブやファミレスのようなスタイルのパブまで様々です。

 

また、日本の居酒屋と違い、必ずしも食事を食べるのではなく、日本より少し多めのビール1パイント(568 ml)で軽く飲んで帰るという人も非常に多いです。

 

この日に行ったパブは、アーセナルのホーム「エミレーツスタジアム」のそばにあるパブでしたので、ほぼ100%アーセナルファン。

 

前半修了間際にインモービレが先制点をあげると、パブは一気に静寂に包まれてしまいました。その様子は、日本で日本代表が先制点を取られた時よりもさらに極端です。

 

私は、ドルトムントに香川真司選手が移籍した事から、ドルトムントを応援していた私はものすごく肩身の狭い思いでした。

 

サッカー留学をされる皆さんも、チャンピオンズリーグを観戦される際は、自分の好きなチームのホームに近いパブをおすすめします。

 

■気軽に毎日サッカー観戦!

プレミアリーグの試合前の様子

 

この翌日には「シャルケVSチェルシー」の試合がロンドンであり、スタジアムに応援に行く友人やパブに観に行く友人、そしてインターネットで試合を観る人と様々でした。

 

イギリスでは、日本よりもサッカーが身近にあり、留学中にはサッカーのトレーニングなどに限らず、街の中でもいつもサッカーに触れている事ができます。

 

ヨーロッパの熱狂的なファンたちと共にする時間も貴重な留学体験になる事間違いなし!

 

サッカー留学中はぜひお気に入りのパブを見つけてみてくださいね!

 

プレミアリーグのチケットの取り方はこちらの記事にてわかりやすく解説しております。

 

→英国サッカー観戦の達人が教えるアーセナル戦チケットの取り方

 

榎本


本場イギリスで学ぶサッカー留学プログラム

 

FOOTBALLATUKバナー

 

 

英国でコーチング資格取得、何を学べるのか? Vol.1

イギリスではどのような指導スタイルでコーチング講習が行われているのでしょうか?たとえばフットボールのABC’sトレーニングと言えば、何を想像しますか? 英国でプロコーチ資格の取得を目指す大場ヤスさんにFA Youth module(U-5〜U-11の指導法のライセンス講習会)について語ってもらいまし
た。

スクリーンショット 2014-09-11 18.21.03

こんにちは!

イギリスで、FAコーチングライセンスを取得中のコーチの大場ヤスです。今回は、FA主催の講習会「FA Youth Award-Module1」に参加したときのお話をしたいと思います。

post-9
講習会での風景 1

褒めて伸ばすことの重要性”

この講習会は、U-5〜U11の選手に対する指導法に特化した勉強をする場で、4日間あるうちの初日のメインテーマは、「イギリス式指導法」と「ABC’s Training」でした。

post-6
講習会での風景 2

イギリスの指導において一番大切にしていることは、”褒めて伸ばすこと”

 そして・・・

“選手一人一人の特徴を把握してそれぞれの選手にあった指導を行い、能力を最大限に引き出すお手伝いをすることがコーチングの役割であること。選手が一番であること”をきっぱりと伝えてくれました。すばらしいです。

”ABC’sTraining?

その次に話題となった「ABC’sTraining」について。
ABC’sとは
Agility, (敏捷性)
Balance, (バランス)
Coordination, (コーディネーション)
Speed(スピード)の頭文字をとったものです。

サッカーはボールだけ上手に蹴れたらいいわけではありません。身体を上手に動かす、バランス感覚を身につけることもとても大事です。そのための実際のトレーニングも教えてもらいました。
post-8
実技指導の場面1

post-12
実技指導の場面2


post-14
実技指導の場面3


なぜ若年層の講習をコーチング資格者が受講するのか?

今回の受講生は全23名(日本人1名)なのですが、その中ですでにFAコーチライセンスLevel2を持っている人は8名、Level3を持っている人も2名いました。U-11までの若年層に縛った講習ですが、多くの資格勇者が勉強に来ており、この講習の重要性が分かります。

post-4

その秘訣は2日目のメインテーマに隠れていたのかもしれません。2日目は、「How players learn」と「Motivation」を取り上げました。

子供の成長過程で最も大事なのはU-11。この時期に精神的にも肉体的にも子供は大きく成長するそうです。選手として成長する上で全体の約80%をU-11で吸収し、それ以降はわずか約20%とデータを使って説明。いかにU-11の時期が大切かをといてくれました。 日本でも「ゴールデンエイジ」という言葉がありますがそれと同じような考えであると思います。

10625067_622155951235795_1562147328192748060_n
実際の指導現場でいかす (右:ヤスコーチ)

「VAKの重要性とは」
そしてその大切な時期に選手は、具体的にどのように物事を吸収していくのか。ここでは「VAK」という言葉を学びました。

Visual,
Auditory,
Kinaesthetic

の頭文字を取ったもので、選手は「視覚」「聴覚」「運動感覚」によって新しいことを吸収していき、特にその中でも「視覚」にうったえることが大切だと学びました。コーチのデモンストレーション、実際のサッカーの試合をたくさん観ること、これも視覚のトレーニングのひとつですね。

level-1

さらに「Motivation」。練習を効率よく効果的に行うには選手のモチベーションがとても大事です。若年層では特に維持することが大事になってきます。

そのための手段としては、コーチの声がけ、楽しいセッション、成功体験など思いつきますが、それ以外に「選手のニーズに合った指導」が大事なのだと学びました。

なぜサッカーをやっているのか、今後どのような選手になりたいのか、目指すべき場所はどこなのか。選手一人一人で目的は違います。それをいかに正確に把握し、セッションに還元できるかが大事になる!それがモチベーションの向上・維持に反映する!

この考え方は本当に勉強になりました。

スクリーンショット 2014-09-11 18.21.13FAのホームページの動画映像での呼びかけ

本当に学ぶ事の多い講習会です。
次回は、講習の後半戦をお伝えしてきます!!


本場イギリスで学ぶサッカー留学プログラム

 

FOOTBALLATUKバナー