タグ別アーカイブ: イギリス

【留学生紹介】高校卒業後に渡英した19歳の選手留学

今回は弊社を利用してくださってるロンドンサムライローバーズの日本人選手に取材しました。

彼の留学についてたくさん質問しましたので、ぜひご覧ください!

 

経歴を含めた自己紹介してください。

榎本海斗です。千葉県出身19歳です。夢は世界で活躍するプロサッカー選手を目指して、サッカーをしています。

高校の時は、市立船橋高校でサッカーをしていましたが、試合には出れずBチームの方で活動してました。その悔しさもあり、必ずプロになってやろうと思い、海外に挑戦することを決めました。そして今イングランドのサッカーチームで活動をしています。

イングランドでサッカーをしていてどう感じていますか?

日本との違いとしては、サッカーとフットボールって感じです笑

イングランドでは球際、体の強さがあり、サッカーが上手いだけではやっていけないと思いました。これがフットボールだなって感じです。

 

今のサッカーチーム(サムライ)でプレーしていてどう感じていますか。

日本人の外国人の両方の良さを出せているチームだなって思います。最初チームに入った時は余裕で通用するなって思ってたんですけど、フィジカル面やスピード感の違いを感じました。なので、予測や準備でフィジカル面をカバーしたりと工夫するようにしました。まだもっと頑張らないといけないですね()

留学してきてよかったと思うところを教えてください。

サッカー面では相手の体に慣れてきて、球際をしっかり戦えるようになったことですかね。これからも海外でサッカーを続けていきたいので、第一のステップをいい感じで踏めた気がします()

生活面でのよかったところも教えてください。

違う世界が見れるところですかね()

こっち住んでる人たちの人目を気にしない性格やみんなが自立性があるところが結構好きで、いいと思います。あと、こっちの人はオシャレでカッコいいです()

 

ロンドンであなたのお気に入りの場所を教えてください。

前回紹介されてた季陽くんの働いているOle&Steenというカフェがお気に入りです。店内の雰囲気がオシャレで、コーヒーも美味しいからです。

海外だと、コーヒー飲む人が多いと思ったので、高校の時は全く飲めなかったんですが、留学前にコーヒーを飲みまくって、コーヒー好きになりました()

 

英語について何かありますか。

英語経験0からのスタートだったんですが、ホストファミリーや語学学校の友達、先生と話すことで英語が少しずつ成長できるて思います。でも、英語を思った以上に話せなくてもノリでなんとかなるって感じですね()

 

最後にイギリス留学を勧めますか?

勧めます。

自分は見えてる世界が変わって、物事に対していろんな考え方をできるようになって柔軟な自分になることができ、自信がつきました。

異国の文化に触れられて、日本ではない経験ができます。

そんなに自分の英語は完璧じゃないんですが、英語圏の世界に1人で出かけたりすることで、人としての自立もできて、メンタル面での成長も大きいと思います。

榎本海斗くんありがとうございました!

【留学生紹介】 日本の大学を休学してイングランドへの留学を決めた留学生

長らくお待たせしました。

今月から月1投稿をしていくつもりです!

ぜひ見て、あなたの留学に参考にしてください!

今回は弊社を利用してくださっている留学生を紹介します。

 

まず初めに自己紹介をしてください。

 

僕の名前は広沢季陽です。兵庫県出身です。親の影響で3歳からボールを蹴り始め、気づけば自分の生活の一部となってました。

ずっとプロサッカー選手になりたいと思っていた僕はJリーグ下部組織のセレクションなどを受けてきましたが、全て落ちてしまいました(笑)

そして地元の高校に進み、高校在学中に進路を考えた時に海外の大学という選択肢がありました。しかし、その時はその決断をする勇気が出ず、大学在学中に海外留学をできる環境を探して、サッカー留学をするために高知大学へ進学しました。コロナ禍でもあり、難しく思われた留学でしたが、大学の先輩にあたる宮原さん(Football@UKオーナー)の存在を知り、連絡させていただきました。

そして今に至る感じです。

 

何のために留学をしたのか教えてください。

もちろんプロサッカー選手になるためです。

自分の現在の目標はJ1リーガーなので、こっちでのサッカーの経験は、特に激しさという面で自分にとってプラスになると思ってここへ来ました。中学生から英語が好きで、もっと英語力を伸ばしたいとずっと思ってました。サッカーしかしてこなくて、サッカー以外のスキルを身につけたい思った時にそれが英語でした。

 

 

留学してきて、楽しいことはなんですか?

いっぱいあるんですけど、まずは自分次第でで周りの環境が変化していく環境に居られることが楽しいです。

サッカーの面では外国人選手が激しく球際に来ることが好きですね(笑)日本ではある程度、球際を戦えると思っていたんですけど、こっちでは頭を使わないといけないことがわかりました。

あとは、やっぱりロンドンの中心部は眩しいです(笑)

 

 

留学に持ってきてよかったものはありますな?

スパイク、ユニクロの服、ふりかけですね。

僕が履いてるスパイクのメーカーはアシックスで、こっちでは売ってないんですよ〜。まじで持ってきてよかったです。(笑)こっちのユニクロは値段が高いので、日本で買って持ってきた方がいいです。ふりかけは好みの味を持ってくるべきです。こっちで買うとめっちゃ高いです(笑)

 

ロンドンでした方がいいおすすめのこと

まず絶対にWISE口座の開設はした方がいいです。手数料が少なくデビットカードでも使えます!盗難予防も絶対しましょう!

僕はポケットに物を入れてる時は毎日ポケットに手を突っ込みながら歩いてます。(笑)

ロンドンはどの街に行っても楽しいんで、とりあえず観光をいっぱいした方がいいです!

あなたの英語の勉強法とは?

僕はYMSで来てるので、ロンドンのカフェで仕事をしているんですけど、仕事中の同僚との会話を多めにしています。

あとは、Native YouTubeのlisteningとreading、語学学校の教科書の繰り返し音読をしています。

勉強と会話をすることで英語力が大幅にアップします。何もしないと英語力は身につかないですね。自分次第だと思います(笑)

 

こっちでのサッカーはどうですか?

今はロンドンサムライローバーズ(現イングランド10部)というチームでサッカーをしています。多くの日本人選手もいます、ローカルの選手もいるチームです。

年間リーグ戦40試合、さらにカップ戦も何個かあり、激しいスケジュールでサッカーをできるのが幸せだと感じています。(笑)

最後に留学を勧めるか否か。

勧めます。

大学を休学してロンドンに留学してきましたが、自分で動かないと何も変わらない海外での生活は自分の成長に繋がります。

逆に言えば何も動かずに家に籠ることもできてしまいます。

既に自分の核を明確に持っており、それに磨きをかけたい人、新しいもの、吸収したいものを見つけて視野を広げたい人など様々な目的を持った人が留学をすると思います。

その経験ができるのは留学の良い点だと思います。

【英国育ちハーフプレイヤーの視点】あなたがイングランドに来た方が良い理由

今回は、Football Samurai AcademyU-15でプレーをし、現在1週間サムライにて職業体験を経験しているアディア三浦マイナリ君にインタビューを行いました。

インタビューのテーマは「イングランドへのサッカー留学を勧めるか否か」

英国生まれ英国育ちでサッカーの本場イングランドでプレーを続ける選手”だからこそ”の視点が実に興味深いです。興味のある方は是非最後までご覧ください。

 

  • まずは軽く自己紹介をお願いします。

皆さんこんにちは。アディアと言います。僕は日本人とネパール人のハーフですが、ロンドンで生まれ、ずっとロンドン住んでいます。毎年夏には日本に行っていますが、ここ2年はコロナのために行けてません。僕は7歳からサッカーをしていますが、13歳のときにサムライに入り、15歳になった今もここでプレーしています。

  • サムライとはあなたにとってどんなチームですか?

サムライの特徴は、さまざまなタイプの選手が集まる多文化コミュニティで、とてもユニークなサッカーチームになっていることです。初めてサムライに入ったときは、チームでプレーしたことがなかったので、とても緊張しましたが、最初のトレーニングセッションから、コーチやチームの選手たちがとても温かく迎え入れてくれたので、とても安心してプレーすることができました。なので、僕は、英語が話せない日本人選手には、サムライに来ることを強くお勧めします。サムライには巨大な日本人コミュニティがあるので、自分の家のように感じることができると思います。

  • サッカー面でのイギリスの特徴を教えていただけますか?

イギリス人の特徴はなんと言ってもフィジカルだと思います。体の大きさだけでなく、ボールに対してかなりの迫力でアプローチします。それに大声で選手同士でコーチングし合うのも大きな特徴だと思います。

 

  • イングランドのイメージといえば、そのフィジカルを活かしてロングボールを多用する戦術を思い浮かべますが、アカデミー年代ではどうですか?

今はパスサッカーやドリブルを活かした戦術もかなり普及していると思います。僕がプレーするU-15チームもしっかりとパスを繋ぐサッカーをしていて、ロングボールだけではありません。

 

  • 日本でプレーした経験はありますか?

前にも言いましたが、私は毎年夏に日本に行っていて、その際に鳥取県にある米子のセリオというサッカーチームに参加しています。僕が見たところ、日本の選手はとてもテクニックがあり、イギリスの選手に比べてより巧みです。

 

  • なぜ日本ではテクニックの多い選手が多く育つと思いますか?練習方の違いなどは感じましたか?

日本での練習で驚いたのは、まずウォーミングアップで様々な部位を使ったリフティング練習を30分以上することです。きっとこういう技術的な練習が日本人の基盤となっているんだと思います。

 

  • イングランドと日本で選手の性格面での違いは感じましたか?

一言でいうと優しすぎる。この優しさはプレーにも影響していると思います。試合中に「ごめん」を多く言うところとか”ぶつかるのが怖い”とか….イングランドとは大きな差があると感じました。

 

  • イングランドでプレーしていて良かったと思う瞬間はありますか?

まずは環境面で良かったと思います。イングランドでは必ず芝生の上でプレーできます。ただ日本ではほとんど土のグラウンドでプレーしました。それに日本の夏は耐えられないくらい蒸し暑いです…笑

サッカーの面では、イングランドには「面白い人」が多いです。ただサッカーが上手い(巧い)だけじゃなくて、頭の多い選手とか、サッカーを知っているなと思う選手が多くいます。日本にももちろんいると思いますが、イングランドでは、そんな選手たちとプレーできるチャンスが格段に多いと思います。

 

  • なぜチャンスが多いと感じますか?

まずはシンプルにプロチームの数が多いこと。プレミアからその下の4部までイギリスではプロチームです。その下にも多くのセミプロクラブがあります。僕の場合だと、プレミアリーグのQPRのDevelopmentで3年プレーすることが出来ました。そこでの経験は今の僕のプレーにとても大きな影響を与えています。

 

  • QPRでの経験について詳しく教えてください。

1時間半と決まられた練習の中でかなり強度のある練習をします。そしてその練習は専用のドームに作られた芝で行われ、環境としても最高です。コーチは1カテゴリーに2人いて、その他にもフィジオがいました。僕はU-14のカテゴリーに所属していたのですがその時にU-17と練習試合することもありました。すごく良い経験になったし、そこで評価を受ければさらに上のカテゴリーでプレーできます。そう言った意味でもイングランドは多くの選手に幅広く多くのチャンスがあると言えると思います。

 

  • では最後に、イングランドへの留学に賛成ですか?

はい、強く賛成します。その理由は今まで述べた通りですが、やはり「チャンスが多い」と言うのはとても大きな魅力です。可能であればなるべく早い時期から来て、こちらのサッカーを経験すべきだと思います。プレッシャーの強度やサッカーへの情熱、サッカー文化の違いなど、肌で感じてもらいたいです。そして圧倒的に多いチャンスをものにすることが出来ればあなたもスターです。もちろん僕も頑張ります。あ、ただご飯はやはり日本の方が美味しいです。笑 でも心配しないでください、ロンドンには多くの日本食屋や日本の食材を買える店があります。ちなみにロンドンの観光には、友達や家族と一緒に行ける、とても大きくて楽しい遊園地であるソープ・パークをお勧めします。笑

アディア、ありがとう!!!是非イングランドへのサッカー留学を!

【サムライコーチ企画】日本とイギリスのハーフのコーチによるサムライ体験記

今回は、Football Samurai AcademyでU17のコーチとして活躍している、ジョーコーチにインタビューを行いました。
ジョーコーチは、大学に通いながらサムライでコーチとして主にU17を担当しています。これから留学を希望する方々は、ジョーコーチの経験談をぜひ参考にしてみてください。

・大学では主にどんなことを勉強していますか。
スポーツ科学と数学を勉強しています。

・これまでのコーチング経験について教えてください。
17歳の時にFA Level 1 取って4年間のコーチング経験があります。練習メニューを考える事や選手に教える事が出来たら良いコーチになれると思ってましたが、全然違いました。選手が落ち込んでる時や試合が熱くなる時の反応の難しさを感じています。

・これまでのサムライの経験について教えてください。
最初は他のコーチのサポートをして色々な学年を手伝いながらFA Level 1の資格をとりました。その次の年からU8の監督をやりました。大学に行ってる間は残念ながらサムライに行けなくなりましたが、今年はコロナの影響でロンドンに戻ってU17の監督が出来ています。弟がU10(今U17)の時からサムライにいたので7年間くらいこのチームを見続けてるので監督をさせてもらえて感謝しています。

・サムライでは主にどんなことをしていますか。
U17と大人のリザーブチームのコーチをしています。トップチームも選手として参加しています!

・サムライで感じた壁はありますか。
小学生くらいの日本人とローカルの子を上手く混ぜて教えることが非常に難しいと感じています。

・U17の監督としての一日のスケジュール
金曜日は朝の8時から夕方の4時まで大学のインターンの仕事をし、その後夕方5時からU17の練習のコーチをしています。

・休日はどのように過ごしていますか。
休日もサムライの活動をしています。土曜日にトップチームの試合に行って日曜日にはU17の試合の監督をやってます。

・留学に悩んでいる皆さんへ
日本と全然違うサッカー文化を経験して、日本や他国にその経験やイギリスでできた繋がりをもって行けたら為になると思います。あとはホームグラウンド (North Acton Playing Fields) で試合をする時の一体感がサムライではすごく良いと思います。コーチや選手達が、試合の前後で、他の学年の試合を応援しているのを見ると自分はとても嬉しいです。

ジョーコーチ、ありがとうございました!

【サムライコーチ企画】日本人コーチのサムライ体験記

今回は、Football Samurai Academyでコーチとして活躍している、伊藤コーチにインタビューを行いました。
伊藤コーチは、サムライコーチ、カンボジアのプロチームのアシスタントコーチ、鹿児島ユナイテッドのアカデミーコーチなど、様々なバックグラウンドを持っています。これから留学を希望する方々は、ぜひ参考にしてみてください。

・これまでの留学経験について教えてください。
高校卒業後、サウサンプトンの大学でサッカー学を学ぶ為に渡英しました。
最初は語学力をつける為にケンブリッジの語学学校に半年行き、その後同じくケンブリッジでファンデーションコース(大学準備コース)を経て、無事に2013年にサウサンプトンソレント大学Football Studies学部に入学しました。卒業してからは、日本の各地でコーチをして、今年2021年3月に、約6年ぶりにワーホリビザでロンドンに戻ってきました。

・留学経験の学びは何ですか。
コーチングの基礎やサッカーについてのあらゆる知識を得られたことはもちろんですが、何よりも日本では絶対に出会えなかった様々な人に出会えたことです。

・これまでのコーチング経験について教えてください。
学生時代はサムライでU-12年代の監督を行なったり、夏季休暇を利用して、カンボジアのプロチームでアシスタントコーチをしたりしました。
卒業してからは、現J3の鹿児島ユナイテッドのアカデミーコーチを経て、東京で「英語で教えるサッカースクール」を開校した経験もあります。
その後はスクールを閉めて、千葉県のローヴァーズ木更津FCで再びアカデミー世代を指導しました。

・これまでのサムライの経験について教えてください。
約6年前はサムライでU-12の監督をしていました。まだコーチとしての経験も浅かったですが、一生懸命プレーする子供達にがむしゃらに指導していたのを覚えています。大学の授業がない平日と土日にサムライにサウサンプトンから来て、コーチングをしつつ、他のコーチからもフィードバックを貰いコーチングのスキルを上げていきました。
当時教えていた選手にまた今回の渡英で再開できたのはとても嬉しかったです。

・サムライでは主にどんなことをしていますか。
平日と土曜日にメインで学年のトレーニングをみたり、サポートをしたりしています。
日曜はリーグ戦で指揮をとります。リーグ戦での反省を次の週のトレーニングに落とし込んで、また次の試合で改善していくというサイクルをしています。

・サムライで感じた壁はありますか。
やはりまずは語学の部分です。日本語では細かくすんなり伝えられる部分も、英語だとなかなか選手に理解してもらうのに時間が掛かったりしてしまうことがあります。
次に、選手の性格も日本の選手とこっちの選手は違うと感じます。どちらが良い悪いというわけではありませんが、こっちの選手はより積極的且つ自由な感じがします。逆に日本の選手はコーチの言うことに真面目に、時には真面目過ぎることもありますが、しっかりと聞いて実行できる能力が高いと感じます。その差によって、少し指導方法を変えなければならない部分もあるので、頭を悩ませる場合もあります。

・とある一日(一日のスケジュール)
午前8時、起床。コーヒーを飲みながら読書やネットサーフィン。サムライ以外の仕事。
午前11時、買い物。自炊。昼食。
午後13時、サムライ以外の仕事。練習メニューの組み立て。
午後16時、サムライでコーチ。
午後19時、帰宅。シャワー。自炊。夕食。
午後22時、読書や動画を視聴。練習の振り返り。
午後24時、就寝。

・休日はどのように過ごしていますか。
少し遠くまで買い物に行ったり、日本の友達とチャットをしたり、ロンドンのセントラルに兄と兄の家族が住んでいるので、そこに遊びに行ったりしています。

・留学に悩んでいる皆さんへ
どうしても慣れない土地に行くのは一歩踏み出す勇気が必要だと思います。ただ、勇気を出して行った先には必ず素晴らしい成果があります。
思いがけない人生の転機が訪れたり、人脈が広がったり、やりたいことが明確になったり…
特にここロンドンには素晴らしい人達がたくさんいます。
迷うことももちろん大事ですが、留学に行くチャンスがあるのであれば、是非チャレンジしてみてはどうでしょうか!

伊藤コーチ、ありがとうございました!